夏休みにおすすめ! 子供でも、泳げなくても楽しめる、画期的なシュノーケリンググッズを紹介します!!

f:id:for-mom:20180725092336j:plain

私たち夫婦はシュノーケリングが大好き。
夏場はシュノーケリング三昧を目的に、海辺でキャンプが定番になっています。

子どもたちにもシュノーケリングの楽しさを知ってもらい、一緒に海で楽しみたい!!
色々試した結果、買ってよかったシュノーケリング必須アイテムをご紹介します。

 


|

(.+)

|

シュノーケリングが趣味、といいつつ、実は私は泳ぎが苦手。
バタ足ぐらいしかできません。
そんな私でも、息継ぎをしなくても呼吸ができるから、シュノーケリングは泳げなくても大丈夫なんです!!

 

でも、子どもにとってはただでさえ恐怖心がある中、口にくわえたシュノーケルだけで息をするというのは意外と難しく。
つい、鼻で息をしてしまいむせたり、入ってきた水を吐きだすことができず飲んでしまったり……と大苦戦。
もう少し大きくならないと難しいかなぁと悩む中、出会ったのがコレ!!

何と、マスクタイプのシュノーケリングゴーグルです。

  • 顔全部を覆うので、鼻でも息ができる
  • 水が入ってきても、少量ならアゴのあたりに溜まるだけで、目に入らない。
  • 顔が濡れないので恐怖心が少ない
  • 口にくわえるものがないので、痛くない(口内にシュノーケルが当たって、口内炎ができることもありました)

など、メリットがたくさん!

一般的なタイプのゴーグルを使用していた時は、なかなか長時間のシュノーケリングができなかったのですが、このマスクを買ってからは子どもたちも長く楽しめるようになりました。

f:id:for-mom:20180724160316j:plain

 

子どもたちが余りに快適そうなので、去年は私の分も購入。

 

いやー、これはほんとにいい!! 

大人にとってのメリットは、

  • 日焼け止めやメイクが流れない
  • 水が入らないのでコンタクトで問題ナシ(度付ゴーグルじゃなくていい)
  • 子どもと会話できる

ってとこでしょうか。

「お魚、いたよー!!」「キレイだね~!」
を子どもと共有できるのは本当に楽しいです。

あとは、水中カメラを取り付ける場所もあるので、お持ちの方は是非。
海の中で写真を撮るのも楽しいですよ♪

f:id:for-mom:20180724160647j:plain

 
自分の周りに魚がたくさんいる状態に、子どもたちがいかに夢中になっているか分かります。

デメリットがあるとするなら、すごく目立つところでしょうか(笑)

 

「ちょんまげだー」
と、周りの子に言われたり、周りの大人にも
「それ、どこで買ったんですか?」
と聞かれたりすることもしょっちゅう。
特に、小さなお子さんがいらっしゃる方には気になるアイテムのようです!

 


|

(.+)

|

海はとっても楽しいですが、やはり事故が起こったら取り返しのつかないことになる、危険な場所であることは確か。

我が家では、シュノーケリングをする際は全員がライフジャケットを装着しています。
本当は泳ぎの達者な主人には不要かなとも思ったのですが、子どもって意外と途中でしがみついてくるんです。
自分もライフジャケットを着ているので余裕で浮いていられるはずなのですが、やはり掴まって休みたいのか、安心したいのか、ぎゅーっとくっついてくることがあります。

そんな時、泳ぎが得意な人でも、ライフジャケットがある方が、しがみつかれる側にとっても安心。

 

色々試した中で、おすすめのライフジャケット(ライフベスト)がこちら!

こちらの良いところは、自分でふくらますので空気の量の調整が簡単なこと。
なるべく浮力がほしい子どもたちには多めに空気を入れていますし、シュノーケリング中に潜ることのある主人は、少なめに入れています(少なめにしておくと、2、3m程度なら潜れるそうです)。

また、子どもにも少なめに入れると、クロールなどの泳ぎの練習の時にも役立ちました(ヘルパー代わり)。
そして、空気を抜けばぺったんこになるので、持ち運びにも便利!

f:id:for-mom:20180724161057j:plain

マスクとライフベストを装着するとこんな感じ。

ライフジャケットがあれば、マスクをいったんはずしても立った姿勢で浮いていることができるので、泳ぎが苦手な子ども(大人も)がシュノーケリングを楽しむには必須です!!

そして、絶対にあった方がいいなと思うのはフィン(足ヒレ)。
私は泳ぎが苦手なので、これを付けていないと子供の手を引っ張りながら誘導するのはちょっとしんどい。
でもフィンがあれば、多少の潮の流れがあってもグイグイ進むことができます。
私は推進力優先でこのぐらいの大きなタイプを使用していますが、本当にかさばるので、

コンパクトで携帯性の高いタイプの方が便利かも・・・。

子どもが小さい間は、1人で勝手に進まれても困るので、大人の分だけでもいいかもしれません。

現在、我が家でもフィンの装着は大人のみ。
長男(小5)がだいぶ楽しめるようになってきたので、子ども分も検討中ですが、荷物が増えるのがな~。

あと、陸上では本当に動きづらくなるので、陸に上がったら早めに脱ぎましょう。
ヨチヨチ歩きしかできない上、めっちゃコケます(笑)
フィンソックスを履いていると、フィンを脱いでも砂浜で熱くないので便利です。

 

以上、おすすめのシュノーケリンググッズの紹介でした!

後のポイントは、ラッシュガードやトレンカなどを着用して、肌の露出を減らすこと。
夢中になっているうちに岩などにあたってしまい、気づかずに怪我をしていることもあります。
また、岩につかまって休んだりすることもあると思いますので、マリングローブがあるとなおよいです。
(軍手でも代用できますが、上がった時ぐちょぐちょになってしまうので気持ち悪い!)

自分の目で見る魚たちは本当にきれいで、感動的ですよ~!

f:id:for-mom:20180724161617j:plain

f:id:for-mom:20180724161634j:plain

ご家族で、素敵な夏の思い出を作ってくださいね♪

 

for-mom.hatenablog.comfor-mom.hatenablog.com 


この記事を書いた人

◎profile

チャリダー主婦

 

小学5年生の息子と3年生の娘を持ち、化粧品の開発に携わっている兼業主婦。

2人の小学生の相手は仕事より大変・・・ですが、最近は2人ともだんだんお手伝いをしてくれるようになり、少〜し楽になって来た今日この頃です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事