我が家はキャンプが大好き。
年に大体5〜6回楽しんでいます。
「夏休みが終わったのにキャンプ?」
と思われるかもしれません。
ですが、暑くて虫が多い夏よりも(虫全般苦手です)、涼しくて虫の少ない秋キャンプが私は一番大好き。
夏のキャンプのように、テント内が暑く寝苦しいなんてこともありませんし。
9月も半ばを過ぎると、高原の夜は涼しく本当に快適。
我が家にとって、ようやく本格的なキャンプシーズンが到来するのです!
今日は、オススメのキャンプ場を紹介したいと思います。

 

 

今回オススメするのはこちら、『PICA富士西湖』です。

www.pica-resort.jp
富士五湖の一つ、西湖のほとりにあるキャンプ場です。
この辺りはキャンプ場が多いのですが、山中湖や河口湖の周りは人も車も多め。
高校生や大学生が合宿などに利用していて、大きなイベントがあるなど、活気があるのは良いのですが、騒がしい時もあります。
でも西湖の周りは人が少なくとっても静か。
家族でのんびり過ごすにはぴったりなんです。

f:id:for-mom:20190924094243j:plain

 

【オススメポイント1】高規格&トイレがキレイで虫がいない

ここはいわゆる「高規格キャンプ場」。
サイトも炊事場もトイレもとてもキレイ!
トイレはドアがきちんと閉まるタイプなので、虫に怯える必要はありません。
(よくある公衆トイレのように、ドアの上下に隙間があると、そこから虫が入ってくるのです。なので、虫が苦手な方がキャンプ場を選ぶときには、ドアが密閉タイプか確認するのがポイントです)
もちろんウォシュレット付き!
炊事場はお湯も出るので、洗い物も楽々♫
水が冷たいと手も冷えるし、何より油汚れが落ちなくて困るんですよね。
そしてここには場内にお風呂もあるので、本当にのんびりできます。
洗面台にはなんとドライヤーまであります。
また、コインランドリーがあるので、連泊する時も安心です。
しかも、道具を忘れたり、足りないものがあったりしても、フロントは販売品やレンタル品も充実していて安心です。
食材の購入もOK!
我が家はテント派なので泊まったことはないのですが、コテージやトレーラーハウスもありますよ〜。

 

【オススメポイント2】消灯時間がある

消灯時刻も決められている(22時)ため、酔っ払いが騒ぐこともありません。
小さなお子さんがいても、安心のキャンプ場ですよ〜。
昔、家族で出かけたキャンプ場で。
夜中、近くのサイトにいた大学生の男女のグループが、酔っ払って大騒ぎした挙句。
外でイチャイチャを始めてしまったことがあって(詳細は自粛)……。
幸い、子どもたちは寝入っていたので気づかなかったようですが、うるさいし、気分は悪いし、散々な目にあったことがあるのです。
それ以来、消灯時間があるキャンプ場に行くことに決めています。

 

 

【オススメポイント3】アクティビティが豊富

こちらのキャンプ場はアクティビティも充実しています。
目前に広がる西湖でカヌーや釣りといったアクティビティもありますが。
水遊び系は荷物も増えるし、小さい子がいると難しかったりしますよね。
でも、ここはキャンプ場内に池があり、ニジマス釣りが楽しめます!
私は待つのが苦手なので、基本的に釣りはあまり好きではないのですが。
ここなら子供が飽きる前に釣れるので、私みたいなタイプでもとても楽しめます。
そして、釣った後はお楽しみ、塩焼きタイム!
釣った魚はフロントなどで捌いてくれるところが多いのですが、こちらはなんとセルフ。
魚のぬめりを取るときに洗う用と、焼くときにまぶす用の塩が必要になるので、塩を多めに持参して楽しみましょう。
(最初に行った時は、塩を買いにフロントへ走るはめになりました)
自分で釣った、まだ生きている魚を締めて、さばく。

f:id:for-mom:20190924094320j:plain

子供にとっても、とても貴重な体験となります。
長男は「かわいそう……」と少し落ち込んでしまいましたが。
料理好きな長女は「楽しい!」と笑顔で内臓を引っ張り出していました(笑)
こういうのは、性格の違いが出ますね。
自分で手がけた魚の塩焼きは、格別です。

f:id:for-mom:20190924094343j:plain

さらに、マウンテンバイクも貸してくれるので、場内で楽しむことができます。

f:id:for-mom:20190924094400j:plain

マウンテンバイクのコースもあります。
ちょっとしたアップダウンもあって、結構楽しめました。
小さな子供も上手にバランスをとって乗っていましたので、自転車に1人で乗れる子なら楽しめると思いますよ〜。
とってもオススメです。

 

家族の団欒は焚き火を囲んで

キャンプの醍醐味といえば、やっぱり焚き火。
(薪はキャンプ場内で売っています)
よく見るような山形になるように中央を高く組むのが基本ですが、キャンプファイヤー方式で井形に組むと、炎が高く上がってキレイ。
焚き火の火を調理に使わない場合はオススメです。
※直火は厳禁なので、焚き火台は持参してくださいね。

f:id:for-mom:20190924094419j:plain

パチパチと薪の爆ぜる音。
遠くには虫の声。
木々を揺らす風。
真っ赤な炎を囲んで、家族でいろいろなことを話す時間は、何にも代えがたい大切な時間です。
焚き火が燃え尽きるころには、空には満天の星空。
夜のキャンプ場を探検するのもの楽しい!
そんな時は、頭に装着するタイプのライトを子供につけてあげると、気分はもう探検家。
運がいい時はカブトムシを見つけられることもありますよ〜。
(私にとってはあまり嬉しくないですが笑)

そその後はテントでぐっすり。
秋は寝袋にすっぽり入ると、心地よくてすぐに眠れます。
明け方はかなり冷えるので、テントにある窓(通気口)は、閉めておいたほうがいいかも。
そして、朝は鳥のさえずりが目覚ましがわり。
起きたら、西湖の周りを散歩。
早朝は霧が出ていることも多く、昼とは違った景色を楽しめます。

f:id:for-mom:20190924094439j:plain

湖畔のキャンプの魅力は静けさ。
ハイテンションで思いっきり楽しむキャンプには、夏の海キャンプが最高に楽しいですが。
本当にのんびりリラックスできる、湖畔キャンプは秋のキャンプに最適ですよ〜。

今回ご紹介したPICAリゾートのキャンプ場は、設備が揃っていてキレイで本当にオススメ。

www.pica-resort.jpファーストキャンプにもぴったりですよ〜。
我が家はちょくちょく西湖と明野のキャンプ場を利用しています。
1泊2日でも十分楽しめるので、ご家族で週末は、キャンプに出かけてみませんか?

 

www.mamahiroba.comwww.mamahiroba.comwww.mamahiroba.comwww.mamahiroba.com 


この記事を書いた人

◎profile

チャリダー主婦

 

小学6年生の息子と4年生の娘を持ち、化粧品の開発に携わる兼業主婦。

最近は子供達が手伝ってくれることや任せられることも増え、2人とも手がかからなくなってきましたが、思春期が近くなったせいか、子育てに新たな悩みが増えてきた今日この頃です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事