ついに…!ツバメの雛の巣立ちの時。~我が家のかわいい居候~

f:id:for-mom:20180705134209j:plain

以前、我が家にツバメの居候が来たお話しをしました。

それからは、ツバメのことを知ろうと、本を読んだりサイトで調べたりしてヒナの誕生を心待ちにしていました。

 

また、日本野鳥の会のHPから、ツバメ子育て応援団というハンドブックを無料でいただけるとのことだったので、すぐさまゲットし家族で熟読。

日本野鳥の会ホームページ

日本野鳥の会 : ツバメ小冊子プレゼント

カラーでイラストが豊富、ツバメの子育てや取り巻く環境が子どもにもわかりやすく説明してありました!

f:id:for-mom:20180705131046j:plain

 

その後、ツバメたちは卵を産んだのですが……巣立ちまでは、まさかの出来事の連続でした。

 


|

(.+)

|

ツバメたちが巣を作ってから、数日。

糞が落ちている様子もないので、ヒナの誕生はまだかな、とワクワクしていたら……。

 

ある日、帰宅して車庫に自転車を止めようとすると、入口のところに、小さなヒナが落ちていたのです。

ピクリとも動かず、生きていないことはすぐにわかりました。

急いで近寄ってみると、ひなの横には卵の殻。

どうやら、孵る前に巣から落ちてしまったようでした。

やるせない気持ちになりながら、子どもたちと一緒に裏庭へ埋めることにしました。

 

その後、脚立に上って巣の中を見てみると、かわいいヒナが3羽。

これには子どもたちも大喜び!!

1羽はかわいそうだったけど、きっとこの3羽を旅立たせたいね、と話しました。

 

落ちてしまった子は、巣が小さ目なせいか3羽でもぎゅうぎゅうな感じで、孵化が遅かった卵が、外にはじき出されるような形になってしまったのかもしれません。

 

その後、作っておいた糞受けを巣の下に設置し、中にタオルを敷いておきました。

もし、ヒナが落ちても糞受けが受け止められるし、タオルがあればヒナを守れるかもという長女の案でした。

 

翌日の朝、出勤前に確認すると……。

何と、ヒナが糞受けに落ちているではありませんか!

しかも今度は生きています!!

私は軍手をはめ、ヒナをそっと巣に戻しました。

ヒナを助けられた、糞受けを作っておいてよかった。

そう思って仕事に行ったのですが……。

 

帰宅して、糞受けを確認すると、またヒナが。

そして、残念ながら今回は助けてあげることができませんでした。

兄弟間のエサの取り合いで、負けてしまったのかもしれません。

xn--bdkya3c.xyz

 

巣から30センチほど下の糞受けわが子がいるのに、親鳥にも助けられないのか、弱い個体はそもそも助けないものなのか……。

2日連続の悲しい出来事に、私も子供もショック。

自然の厳しさを垣間見た気がしました。

昨日のヒナの隣に埋めながら、今度こそ、この2羽のヒナを守ろうと、家族で決意。

f:id:for-mom:20180705131147j:plain

 

巣がボロボロと壊れている気がしたので、これ以上ヒナが落ちることのないよう、補強することにしました。

 

最近は都市化が進んだせいで良い巣の材料がそろわず、巣が小さかったり壊れやすかったりするそうです。

 

補強には、ラーメンカップを使うと良いとあったので、作成:長男、取り付け:主人で担当。

ガムテープだらけで見た目はイマイチですが、翌朝覗くと2羽が元気に餌をねだっており、一安心。

f:id:for-mom:20180705131213j:plain

 

何とかこのまま育ってほしい!!

 


|

(.+)

|

ヒナの可愛さにすっかり魅了された我が家の子どもたち(大人もですが)。

ツバメのために何かできないか……と話し合った結果、ツバメハンドブックについていた、日本野鳥の会への寄付をおこなうことにしました。

子どもも自分のお小遣いを出し、それに少し大人もプラスして、振込みます。

 

なんと、寄付をするとこんなにかわいいピンバッチ(エナガモチーフ)がいただけました!

f:id:for-mom:20180705131507j:plain

 

この寄付をしたことにより、「なぜ、鳥の数が減っているのか」「自分たちに何かできることがあるのか」といった環境に関することを調べたり、話したり。

そして「いつかバードウォッチングに挑戦しよう」「近所にいる野鳥を探そう」と、自然に興味を持ったり。

私たち家族にとって、とても貴重なきっかけとなりました。

 

|

(.+)

|

その後は順調にヒナたちも育って行ったようで、糞受けは順調に汚れていきました。

そして、ある日巣を覗いてみると、親鳥のようにうっすらのど元を赤くしたヒナが!!

f:id:for-mom:20180705131533j:plain

 

飛行練習の最中のようで、このとき巣に残っているのは1羽でした。

羽も大きく、とても立派に成長したのが分かります。

 

その数日後、巣は空になっていました。

きっと、元気に旅立っていったのだと思います。

巣立ちの後の空の巣を見るのがうれしいような、さみしいような感じでした。

 

今回、初めて我が家ではツバメの旅立ちを見守りました。

毎日巣の中をチェックするのが楽しくて、とても貴重な体験でした。

 

ツバメに興味を持ち、いろいろなことを調べるというのもとても面白かったのですが、中でも一番印象的ものをご紹介したいと思います。

この「ツバメの謎」という本によると……

 

なんと、ツバメの巣にいるヒナの15%は父親が違うのだとか!!

これは、ちょっと衝撃的。

2羽でせっせと子育てするツバメは、とてもなかよし夫婦に見えたので……ツバメの世界にも、いろいろあるんですね(笑)

 

すっかりツバメに魅了されてしまった我が家。

人口巣でもツバメは利用してくれるそうなので、来年は巣を作って、かわいい居候の到来を待ってみようかなと思っています。

■ツバメの人工巣の作り方

ツバメかんさつ全国ネットワーク ツバメの人工巣

 

for-mom.hatenablog.comfor-mom.hatenablog.comfor-mom.hatenablog.com

 

この記事を書いた人

◎profile

チャリダー主婦

 

小学5年生の息子と3年生の娘を持ち、化粧品の開発に携わっている兼業主婦。

2人の小学生の相手は仕事より大変・・・ですが、最近は2人ともだんだんお手伝いをしてくれるようになり、少〜し楽になって来た今日この頃です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事