国語の読解が苦手な子におすすめのドリル!発達グレーの小2息子、テストで100点が取れるようになりました!

現在、小学2年生の長男。国語が苦手。特に小学1年生のころの国語の点数は60点~70点が通常点数。


↑特に、「考えて書こう」のように自分で文書を書く問題はほぼ無回答!

やめればいいのに、知恵袋で調べると、小学1年生の国語のテストは100点が当たり前、少なくとも80点~90点が普通らしく、うちの子、勉強に今後もついていけるかな、と少し心配になってきました。

この間、やっていた勉強は学校の宿題と進研ゼミだけ。進研ゼミもどちらかというと学校の授業のペースより遅れていて、テスト前に同じ過程のところを終わらせることができなかったのもよくなかったかもしれません。



そこで、2年生の休校中にやらせたのが、おはなしドリル。

おはなしドリルはいろいろ種類がありますが、「きもちのおはなし」「せかいのめいさく」「どうぶつのおはなし」の3冊をやってみて、読解が苦手な長男が拒否反応なく取り組めたのは「きもちのおはなし」。小学生1年生の日常のおはなしなので、イメージがつきやすく、読解が苦手は子の入り口としてはオススメです。


↑簡単に解ける時もあれば、なかなか答えが分からない内容の時もありました。

このおはなしドリル、集中力のない長男でも、10分~20分ぐらいで取り組めるのもよいところ。時間があるとき、1ページやる、という感じで休校中に2冊と少し、終えました。



そして、2年生が始まり、国語のテスト。今回も進研ゼミはやっています。その他、特にテスト勉強のようなことはできませんでしたが・・・。



連続で100点を取ってきました!考えて文章を書く問題もちゃんと書けてる!



おはなしドリルのよいところ

おはなしドリルのよいところは単純な穴埋め問題ばかりではないところ。そのまま書いてあるところを探し出して書けば正解となるわけではない問題もありますので、始めたころは簡単な読解も結構ひかかっていました。その時は「このあたりに書いてあるよ。もう一回読んでみて」とか「この子はどう思っているのかな」と少し丁寧に付き合ってあげました。そして、2冊終わるころには読解問題を解くコツをつかんだようです。

それまでは読解問題をなんとなく穴埋め問題のようにとらえて、内容を読まずに一生懸命パズルのように挑んでいた長男でしたが、内容に合わせて答える必要があることが少しですが、分かったようなのです。

国語は今でも得意ではありませんが、本人も「苦手から2年生になったら普通になった」と言っていたので、少し自信になったのかも。おはなしドリル、読解が苦手な子におすすめです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事