子供が大好きな知育菓子。クラシエの「ねるねるねるね」を誤解してました。

先日、子ども達と一緒にショッピングモールでやっていた「クラシエの知育菓子教室」へ行ってきました。

子どもって、知育菓子大好きですよね~!

代表的なものといえば、昔からある「ねるねるねるね」ではないでしょうか!?

 

今回は、クラシエの方と一緒に「ねるねるねるね」について学びながら作ってきました!

15人くらいが着席できるキッチンスペースで、まずはテーブルにセットされたテーブルクロスとランチョンマットを見ながら待ちます。

f:id:for-mom:20180718161612j:plain

ねるねるねるねのキャラクターのねるね君と、その仲間たちが描かれています。

妹のねるるちゃん・お父さん・お母さん、おじいちゃん・おばあちゃんもいます。

お友達はネルトくん、ネリトニーちゃん、ねる白川くん。

こんなにキャラクターがいるなんて知りませんでした。

手の消毒を済ませると、お姉さんからねるねるねるねが配られます。

ソーダ味かブドウ味が選べます。

お姉ちゃんが弟に「ねえねがソーダにするから、弟くんはブドウにしたら?そしたら両方の味が食べれるよ」とアドバイス(?)

f:id:for-mom:20180718161712j:plain

粉と水を混ぜてクルクルクル…

色が変わってフワフワに。

f:id:for-mom:20180720093902j:plain

f:id:for-mom:20180718161716j:plain

ここで、クラシエのお姉さんが言いました。

「ねるねるねるねには、保存料も合成着色料も使われていないんですよ~!知ってましたか??」

「この紫色も、着色料ではなく紫キャベツの成分なんですよ~!ふくらむのは重曹が入ってるからです」

え~!!そうなの!??

めっちゃ着色料とか使ってて、あんまり体に良くないお菓子だと思ってたー!!

というか、自分たちが子どもの頃、親にそう言われてあんまり買ってもらえなかった記憶が…。

ソーダ味にはラムネのトッピング。

f:id:for-mom:20180718161649j:plain

ブドウ味にはキャンディーのトッピング。

f:id:for-mom:20180720095033j:plain

2人とも嬉しそうに作って、交換しながら仲良く食べてました^^

最後に、ねるねるねるねの冊子とシール、風船をもらい、大満足の子ども達でした。

もらった冊子を見てみると…

f:id:for-mom:20180718161709j:plain

f:id:for-mom:20180720095833j:plain

f:id:for-mom:20180720095849j:plain

f:id:for-mom:20180718161809j:plain

色が変わったり、膨らんだりする理由が分かりやすく書いてありました。

性質で色が変わる… 理科の実験を思い出して懐かしかったです(笑)

娘が授業で習う頃に、また教えてあげたいと思いました。

f:id:for-mom:20180718161654j:plain

今回、子ども達と一緒に知育菓子教室に参加して、保存料・着色料を使っていないことが分かり、私たち親も勉強(?)になりました!(パッケージにちゃんと書いてありましたが、全然知りませんでした…)

帰りには、しっかりクラシエの知育菓子を買って帰りましたよ(笑)

■クラシエの知育菓子

ねるね研究室|商品紹介|クラシエ

かなりの種類があります。我が家の子ども達、けっこう作ってると思ってましたが、知らないものも結構ありました。

■自由研究シートがダウンロードできる

ねるね研究室|もっとたのしく ダウンロード|クラシエ

なんと、知育菓子を使った自由研究をするための用紙がダウンロードできるようになってます。楽しそう!

他にも、ペーパークラフトやパーティグッズのダウンロードもできます♪

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事