うちの子は早生まれ。えっ!?10万以上損してるの!?

恥ずかしながら、家や子どもに関するお金についての知識がほとんどなく(読んでも頭に入らない…)、家計管理が大大大の苦手な私。




こんな記事を発見。

児童手当の支給期間は、子どもの15歳の誕生日の次の3月31日まで、つまり中学卒業時までです。支給開始月は生まれ月の違いにより別々ですが、支給終了月は同じ学年の子はみんな同じ。3月生まれの子がいる親は、4月生まれの子がいる親よりも、トータルでもらえる額が11万円少ないことになります。

記事には、

『3月生まれの子がいる親は、4月生まれの子がいる親よりも、もらえる児童手当がトータルで11万円少ない』

という事が書いてありました。

児童手当の支給期間は、子どもの15歳の誕生日後の最初の3月31日までなんですね。

「15歳まで」というのは知っていましたが、15歳の1年間もらえるんだと思っていました^^;

■内閣府 児童手当制度のご案内




また、扶養控除でも子どもが早生まれの場合は損をするらしい。

扶養控除は、扶養親族の要件を満たした16歳~22歳までの子どもがいる親が受けられる所得控除ですが、子どもの年齢が16~18歳で38万円、19歳~22歳で63万円の控除が受けられます。

しかし、このとき判断をするのはその年の12月31日時点の年齢。同じ高校一年生の子どもを持つ家庭でも、子どもが遅生まれの場合は控除が受けられるが、早生まれの場合は12月31日時点では15歳なので控除が受けられない…、というもの。

■国税庁 扶養控除

え~。どっちも知らなかった…。(普通みんな知ってるのかしら…??)

我が家の2人の子どもはどちらも早生まれ(1月と2月)。

知らなきゃ何とも思わないものでも、知ってしまうと途端に損した気分に(笑)

だからといってどうにもできないんですが、その分余計にしっかり蓄えておかないといけないな…という気持ちにはなりました。(気持ちだけ…)

これを書いていて思い出しましたが、医療費控除でも…。

昔、妊娠中にお客さんと雑談していたとき予定日を聞かれ「1月4日です」と答えると「え~!じゃあ年内に生まれるといいね!」と言われて「え?どうしてですか??」となりました。



医療費控除もその年の1月1日から12月31日までの医療費の合計で控除できるかが決まるので、出産が年をまたぐと合計できる医療費が分散してしまう…。

■国税庁 医療費控除

今は保育料が無償ですよね。『児童手当や扶養控除の損』と『保育料無償化の得』で今の気持ち的にはプラマイゼロ…かな^^;(ゼロなのか??)

あぁ、お金に強い人になりたい…。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事