男の子も女の子も親子で一緒に楽しめるお勧めの絵本と、実際に息子の幼稚園で読まれた人気の絵本も含めた合計3冊の絵本をご紹介します。


 

Dr.Seuss「Green Eggs and Ham」

英語圏の人たちなら誰もが知っている定番の絵本です。オバマ前大統領が子供たちをホワイトハウスに招いてイベントを行った時には、この絵本を使って読み聞かせをしていました。

赤い帽子のSam I amは、黒い帽子のおじさんにGreen Eggs and Hamをどうしても食べて欲しくて、食べてもらえるように色々な手段を使って勧めます。

この二人のやりとりが面白く、繰り返しフレーズが使われているので自然と英語が頭に入る絵本です。


 

Mo Willems「Let’s Go for a Drive」

ゾウが子豚にドライブに行こうと提案をして、まずゾウはドライブに必要な物を子豚に揃えさせます。でも肝心なものが手に入らずに二人ともがっかりしてしまいますが、最後は仲良しコンビのナイスなアイディアにほのぼのする内容です。

この絵本は息子が3歳の誕生日に、アメリカ人のママ友達からのお勧めの絵本のプレゼントとしてもらいました。

 Laura Joffe Numeroff 「If you give a mouse a cookie」

男の子がマウスにクッキーをあげたら、次から次へとクッキーの他に必要なものが色々と出てきて、男の子はこのマウスのために大忙し。

可愛いイラストで描かれていて、簡単な日常英語フレーズも多く出てきます。

この絵本が息子の幼稚園で読み聞かせの時間でも読まれた絵本です。

ハロウィンの時には息子の担任の先生が、この絵本に出てきたマウスに仮装をしていました。

更に図書館のストーリータイムでもこの本が読まれていました。

その時にはなんと、この本に出てきたマウスがサプライズで登場してくれたので、子供たちは大喜びでした。

以上で今回ご紹介させてもらった3冊の絵本は、親子で楽しめる内容のものばかりですので、英語の読み聞かせの絵本をお探しの方は、是非チェックしてみて下さいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事