ピカチュウは変態ではないか・・・。

のんびりと、公園散歩中に浮かんだ疑問

先日、天気が良かったので買い物の途中に、お気に入りのパン屋でパンを買い、近くの公園に寄ってランチをすることに。
木陰にレジャーシートを敷くと、このままお昼寝したくなるぐらい気持ちいい!!

f:id:for-mom:20180524095506j:plain

食後、公園内を歩いていると、池には睡蓮の花が。

f:id:for-mom:20180524095524j:plain

睡蓮って、珍しいと思っていたのでちょっとびっくりしました。

池の周囲には、ザリガニやオタマジャクシを取っている家族連れがたくさんいました。

「オタマジャクシは大きくなると何になるでしょう?」
と聞くと、
「「カエル!」」
と子どもたち2人とも即座に答えます。

小5と小3に出すクイズではなかったか……と反省していると、長男が

「オタマジャクシはカエルに進化するんだよね!」
とひとこと。

ポケットモンスターSUNで遊んでいる長男は、オタマジャクシもポケモンと同じように考えているよう。

ん?

進化??

確か、進化とは言わなかった気が……。
なんだっけ。
習った記憶はあるのに、思い出せない!

変化でもなくって……。
気になったので家に帰ってから調べてみることに。

 

衝撃の事実の発見???

Wikiによると。

進化(しんか、: evolutio: evolution)は、生物形質世代を経る中で変化していく現象のことである

進化 – Wikipedia

つまり、サルからヒトへ……みたいに、時間をかけて変化していくもので、成長の過程による変化などはあてはまらないということ。

オタマジャクシからカエルになることは、進化とは言わないのです。

では、オタマジャクシからカエルになることは……??
調べてみると……

変態(へんたい、metamorphosis)とは、動物の正常な生育過程において形態を変えることを表す

変態 – Wikipedia

コレ。
オタマジャクシからカエルになることは、「変態」でした。
昆虫に多い、幼虫→さなぎ→成虫なんかも変態です。

 

と、いうことは……。

個体がそのまま変化するポケモンは、

進化ではなく正しくは変態なのでは?!

ピチュー→ピカチュウ→ライチュウは、進化ではなく、変態。

思わず子どもたちに話すと、

「えー、ナニソレ……」

と、長男は微妙な表情。

キミは、ポケモン好きだもんね。。。

ちなみに、長女は爆笑してました。

もし……

『ピカチュウがライチュウに進化!』

ではなく、

『ピカチュウがライチュウに変態!!』

だったら、ポケモンはここまでのブームにはならなかったかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事