[8]嘘から始まる敷地内同居。腹立つ!夫婦喧嘩に口出しする義母と義実家から帰らない夫|ママ広場マンガ

前回のお話

お義母さんの監視や干渉に耐えられなくなった美月さんが、「もうこの家から出て行きたい」とご主人に話したところ、「わかった。新しい家を探すから少し待って」と言われたのですが・・。何日経っても探している気配を感じられないご主人に「ねえ探してる?」とたずねると「美月、ワガママじゃない?俺の親と仲良くしようって思わんの?」と言われ、最終的には「今は話したくない。美月も冷静になれよ」と言い残して義母の家に行ってしまったのでした・・。

嘘から始まる敷地内同居[8]メールも荷物も・・全部「ママ」頼みの夫にイライラ






そして・・

その日から夫は帰ってこなくなりました。

すると、お義母さんからメールが

「美月ちゃん、タクヤとケンカしたの?」

「夫を立てるのも妻の役目よ。」

「美月ちゃんから謝らないと、上手くいくのもいかなくなるわよ?」

そう言われて

「・・子ども夫婦の喧嘩にも口出し?タクヤもお義母さんに話してるの?」

とイライラが募り・・

「お義母さん、お気遣いありがとうございます。」

「夫婦のことなので、タクヤくんが戻って来るのを待ちます。」

「それまで、そちらでお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。」

と返信メールを送りました。

するとさらに返信が・・!

「こっちのほうが居心地よくて帰らないかもしれないわよ~」

「早めに仲直りしてよねー」

言いたい放題のお義母さんからのメールに

「もう!!なんなの!?」

とイライラが募りました・・。

それから数日が経ち、仕事から帰ると

「あれ?鍵開いてる・・タクヤ?」

そう思いながら部屋に入ると

「あっ」

そこにいたのは

「お、お義母さん!?」

「あらっ、美月ちゃんおかえりー」

荷物を抱え、悪びれもせずに

「もう!!しばらく帰らないみたいだから、私がタクヤの荷物取りに来たの!」

「はぁ・・美月ちゃんから折れてくれないかしら?」

と、ため息をつきながら言われたのですが、

全部・・お義母さんが連絡してくるって・・おかしくない・・?

「タクヤめ・・腹立つ!!」

と怒りで顔がひきつるのを感じました・・。

[9]に続きます。
「嘘から始まる敷地内同居」は毎日更新します。お楽しみに!

--------------------------------
※ストーリーは体験者の話を元に作成編集したものであり、登場人物や団体名は仮名です。
※実在の人物や団体等とは関係ありません。

[脚本・編集]ママ広場編集部 [作画]dechi

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事