学費以外も意外とかかる!地方公立高校生の旅費って、どのくらい?

うちの息子は、地方の公立高校に通っています。春から3年生です。

公立高校に入ったので学費の負担は少ないと思っていたら、想像以上に旅費がかかっているので、まとめておきたいと思います。

高1〜高2でかかった旅費

修学旅行(国内・4泊5日 旅費+お小遣い)15万円

学校主催(必修)のオープンキャンパス見学(他県・日帰り 旅費+お小遣い) 1.5万円

学校主催(希望者)の大学見学(他県・1泊 旅費+お小遣い)3.5万円

部活動遠征 2回(他県・1泊・2泊 旅費+お小遣い)10万円

施設見学研修旅行(他県・2泊 旅費+お小遣い)3万円

大会・行事等 複数回(県内・日帰り 旅費+お小遣い)数千円

(※旅費=新幹線や貸し切りバスなどの交通費+宿泊費)

(※お小遣い=現地での食費やお土産代など)

このほか、学校とは関係なく、高1の夏休みに個人で行った他県の大学のオープンキャンパスがあり、宿泊を伴い、私も付き添ったので、2人分の旅費で15万円くらいかかっています。

県外の大学進学を視野に入れると、オープンキャンパスに行くだけでもかなりの負担ですね。親が付き添わず、1人で行かせたとしても、数万円の出費です。

ここまでを足し算すると…48万数千円…恐ろしい…。

漏れているものもあるかもしれませんが、だいたい高1~高2の間に、50万円ほどの旅費がかかったことになります。

さらに海外研修などを希望すると、期間や渡航先にもよりますが、1週間~1ヵ月程度で、何らかの補助が出たとしても、個人負担で20万〜50万くらいはかかるようです。

私立高校の場合は、修学旅行がそもそも全員海外だったりして、30万円くらいかかるのはザラと聞いています。

大学に入るためのいろんな経験なのに、大学に入れる前に貯金が底をつく~(/o\)!



支払いは「高額を突然」が多い

高校は、中学校までと比べて、研修や大会の旅費の、数万円という大きな金額を、急に支払わなければならないことが多いように感じています。

「大会参加旅費5万円を、1週間以内にお願いします!」

というようなことが何度もあり、そのたびに大慌てでした(@_@)。

この「突然要求される感」は、我が家の場合、息子が第1子で、出費の額や時期について予想がついていなかったから、という部分も大きいと思います。

お子さんが2人目以降で、上の子と同じ高校や同じ部活に入ってくれれば、ある程度は予想がついて備えやすいのかもしれません。

これは、地方公立高校(行事・研修多め)の1例にすぎませんが、積極的にいろいろ体験しようと頑張るお子さんほど、大会・研修等に伴う出費は増えるのではないかと思います。

高校生2人生活の出費が不安

春から、下の娘も高校生になるので、高校生を2人(そのうち1人は大学受験生)抱えて、いったいどれくらいの諭吉さんが我が家から飛び立っていかれるのか、本当にヒヤヒヤ・ドキドキしてしまいます。

自分の高校時代も結構忙しかったのですが、息子ほど全国を飛び回ることはなかったので、イマドキの高校生の旅費に対する備えが甘かったなと、反省しています(T ^ T)。

これから高校生になるお子さんがいらっしゃるご家庭には、学費の他に、旅費の備えもおすすめしたいと思います。

は~…。

「高校生はお金がかかる」と言われるのは、こういう部分だったのですね~_(:3 」∠)_。

…とはいえ、今のこの新型コロナウィルスの影響で、春休みに予定されていた研修等がのきなみ中止や延期になってしまいました。

それを楽しみに休日返上で準備してきていた子ども達が可哀想です。

お金はかかっても、子どもがいきいきと学ぶ経験は、させてやりたいですよね。

1日も早く、この事態が落ち着きますように。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事