4歳息子をヤマハ音楽教室に通わせたい私。反対するパパ。それぞれの理由は??

先日、小4娘のヤマハレッスンの日。

先生「○○(4歳息子)くんも、来年からレッスン始めますか??」

と、お誘いが。

ヤマハ音楽教室、春の開講クラスのキャンペーン


 

ヤマハは小4娘が年中になると同時に始めたので、もうかれこれ6年ほどお世話になっています。

娘と一緒にレッスンを受けて、娘の成長を間近で見ることができたし、母としても成長できたな~と、美化しつつ、息子にも習ってほしいな~と思っております。

とりあえず、体験に行こうと思い、パパに相談してみたところ・・・。

パパ「え!?男子はサッカーやろ!!音楽しなくても困らないし、必要ないやろ!!」

まさかの反応!!

こんなにも小4娘が一生懸命取り組んでいるというのにも関わらず、大反対とはビックリ!

更に・・・
パパ「やめようとしても、ズルズルと続けさせられるんじゃないの?」と!!!

なんだと!?

本当に辞めたいと思っている子なら正解かもしれないけど、娘はイヤイヤ続けているわけでもなく、なんなら意欲的ではないか!!!!!!

よく聞いていくと、

  • 男の子にはサッカーか野球をさせたい =応援に行って一緒に教えながら白熱したい
  • 音楽は学ぶ必要ない =自分は困らなかったし

とのこと。
どうも、娘が頑張っているエレクトーンは応援したい気持ちはあるけど、音楽が分からないので教えてあげられないし、どの子が弾いている曲も上手にしか聞こえないらしい。
自分がやっていたサッカーなら、家でも教えてあげられるし、アドバイスもたくさんできるし、そういう子育てがしたいという夢がありそうなのです。

うーん、気持ちは分かる気がする。

私としては

  • 男も女も関係ないし、耳が育つ幼児期に音楽の基礎は分かったほうが将来的にも楽しみ方が増えるような気がするし、小学校になったときに鍵盤ハーモニカがすんなり出来る
  • せっかくエレクトーン買ったので、活用したい(←コレもホンネ笑)
  • レッスン形式に慣れることも出来る=小学生になる練習みたいなもので、先生に教えてもらうことを自分のものにする練習にもなると思う。

実際、親が思い描いているような理想的な先生と子どもという形になればよいですが、子どもの個性がとっても出てくる!!
小4娘なんかは本当に小学校にいけるのか!?というレベルのレッスンでしたが、娘なりの頑張り方や親としての励まし方はヤマハがあったから分かったことだと思うのです。

たぶん、ヤマハでなくてもどんな形でも良いのですが、忙しくてなかなか息子に時間をかけてあげられないので、ゆっくりと時間をとって向き合うきっかけなんかにもなればいいかな~と思います。


 

とはいえ、そもそも息子が興味あるか???

・・・・よく分かりません^^;
「歌は大好き。でもレッスン受けたことないし、どんなものなのかも分からない。」

というのが、息子のホンネ。

親だけ議論しててもしょうがないので、まずは体験にいってみたいと思います♪

たった1回の体験くらいなら、行けば「楽しい」となる気もしますが・・・・

息子もやってみたい気持ちがあれば、パパの気持ちも考えて、まずは2年間(保育園の間)だけの約束ではじめてみようかな、ということでパパと合意しました^^

さて、どうなるかは分かりませんが、4歳息子も姉の習い事に付き合わされて、色んなところに連れまわされているので、色々興味を持ち始めてます。

何が正解かなんて、いつまでたっても分からないですが、ダメならダメでも正解だと思います。

でも、色んなことを体験してほしいな~と、思うので、息子とも色んな体験をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. nico201539 より:

    うちの息子は、4歳からカワイのピアノ教室に小5の終わりまで通いましたよ。
    カワイはマンツーマンで、引っ込み思案の我が子には向いていたからです。お友達とのワーキャーが苦手な子です。
    体験に行ってみて、通って、ダメならさっさとやめる、が一番良いかな?(^^)
    何事もやってみないと分からないし。
    私は体操教室に通わせたかったのですが、行く前から嫌がったので諦めました。
    あと、水泳、習字、英会話、もやらせたけど、行きたがりませんでしたので早々にやめました。
    水泳はやっておいた方が、小学生になってから楽です。

  2. yoshimarufp より:

    自分はエレクトーンをやってましたが、当時はイヤイヤでした。バンドをするようになりマジメにやっておけば良かったなぁと後悔しましたね。音楽は早いうちに触れるのがやっぱり大事かと思います。
    でも、男としては、ご主人が考える事もわかります。きっとご主人的にはサッカーや野球を通して息子さんとの共通話題が増える事を期待しているんじゃないでしょうか?
    まぁ、いずれにしても息子さんがどっちに興味を持つかでしょうけどね!

  3. mitingan より:

    子育て中でも母親でもなんでもないですが、趣味で音楽をしている人間からすると音楽を習わせたほうがいいと思います。
    自分は小さいときに音楽に触れる機会が少なかったため音感が育たず、今も絶対音感などに憧れを抱いています。楽器に触れ始めてからは、親に対して子供のときにピアノかなにかの楽器を習わせてほしかったと思うようになりました。
    サッカーを趣味にしても何らかの事故や加齢で体を壊してしまえば(腰痛、膝痛)できなくなりますしサッカーそのものに怪我の危険がありますが、歌を歌ったり楽器を弾いたりは死ぬまでできます。
    サッカーは自発的にやりたいと言い出してからでいいんじゃないですかね。
    逆に音楽は嫌々でも習わせる価値があると思います

  4. ユファソン より:

    私も男性ですがピアノを習っています。
    でもご主人からしたら娘さんも息子さんも音楽では寂しいのかもしれませんね。
    私はサッカーもピアノも両方習いましたがサッカーの方はヘディングとかボールが顔の近くに来る怖いことがいっぱいあったので続きませんでした。怖いことがダメかもしくはそれをスリリングに感じて楽しむことができるかそれはその子の性格によると思います。
    ただ音楽は小さい頃からやらないと絶対音感を習得できませんのでまずは音楽をしておく必要があると思います。サッカーは後からでも大丈夫かと思います。

  5. for-mom より:

    id:nico201539
    nicoさんコメントありがとうございます。
    カワイはマンツーマンなのですね!子どものペースに合わせてレッスンしてくださりそうで、良いですね^_^ 何が良いのかは分からないのですが、コメント下さったとおり、合わなければやめれば良いというくらいの気持ちが良さそうですよね。子どもが何に興味を示すかなんて分からないですし、イヤイヤ親の押し付けも良くないですものね。

  6. for-mom より:

    id:yoshimarufp
    佳◯さんコメントありがとうございます!
    大きくなってから後悔する事ってたくさんありますよね。たしかに大きくなってバンドを始めたら、音感って必要ですよね。将来何をやりたいと思うのかなんて、今は分かりませんが、色んな可能性は育ててあげたいなと思います。
    主人の気持ちは本当にその通りで、息子と共通の話題や趣味があれば、その分色んなことを教えてあげられるきっかけも増える、という発想なのだと思います。その気持ちもわかるので、息子の気持ちを聞きつつ、色んなことを体験させていきたいと思います。

  7. for-mom より:

    id:mitingan
    コメントありがとうございます!
    私も今でも趣味で楽器を続けています^_^ なので、小さな時に音感を育んでいた方の感性を羨ましく思ったことがたくさんあります。大きくなった時に楽器をしていなかったとしても、音の楽しみ方が広がる気がするので、幼児期の音楽教育って大切なんじゃないかなーと思ってます。
    音楽を習わせる価値があるとコメント、とても力になりました^_^

  8. for-mom より:

    ユファソンさん
    コメントありがとうございます!
    音楽は小さい頃からやらないと絶対音感を習得できない・・・なるほど、確かにそうですよね。私自身は小学3年生頃からピアノをはじめましたが、絶対音感ではありません。娘(小4)は年中から音楽を習ったのですが、どんな音を聞いてもすぐに分かるので絶対音感を習得しているのかと思います。主人に寂しい思いをさせない程度に、息子にも幼児期に音感を育ててあげたいな~と思います^^

コメントを残す

関連キーワード
幼児, 習い事の関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事