実録!「女の子は嘘をつくのがうまい」はホント??~我が家の兄妹の場合~

一般的に、女性の方が嘘をつくのがうまいといわれますよね。
我が家には長男(中1)と長女(小5)がいます。
大きくなった現在は、どちらもそこそこ嘘をついたり、何かをごまかしたりすることがうまくなってきて、こちらも親として油断ができない状況ですが。
小さい頃は、かなりはっきりした差がありました。



こっそりアイスを食べたとき ~長男の場合~

たまたま長男(当時5歳)と二人で出かけるときがあり。
帰りにこっそりアイスを食べたことがあります。
「持ち帰れないし、長女ちゃんの分はないから、食べたことは『シー』だよ」
と約束すると、彼は真剣な顔で
「うん!」
と力強い一言。
長男の場合、しっかりした返事の時ほどアヤシイので、一抹の不安を抱えつつも帰宅すると。
「ただいまー!」
「おかえり、楽しかった?」
「うん!」
と、主人や長女と楽しそうに話す長男。
すると。
「あのね、ぼく、アイスとか内緒で食べたりしてないからね!」
なぜか突然の暴露。
しかも妙に自信満々。
ちらりと彼を見ると『ね、ぼく言わなかったよ!!』と自信マンマンな表情。
うん。
確かに「食べた」とはいってないけどね……。
その後も、こういうことは多々ありました。
さらに、彼が嘘をついたりごまかしたりするときは、必ず目が泳ぐので、バレバレでした。



こっそりアイスを食べたとき ~長女の場合~

同じようなシチュエーションが、長女(当時4歳)のときにもありました。
「長男ちゃんには内緒にしてね」
と言いながら食べ、帰宅。
その後、夕飯を食べるときも、食後にTVを見ている時も、アイスの「ア」の字も出さない彼女。
年齢が小さいこともあり、アイスを食べたことを忘れてしまっているのかも、と思っていました。
しかし。
後日、2人でお風呂に入っていると。
「この間一緒に食べたアイス、おいしかったね~」
と長女。
「覚えてたんだね~。全然言わないから、忘れちゃったのかと思ったよ」
というと、
「え? だってナイショにするって約束したでしょ」
とすまし顔。
……女優!!
その後も、数多の場面で彼女の女優ぶりは発揮され、こちらとしては感心するばかり。
しかも、たまにばれてしまった時も
「ごめんなさーい(テヘペロ★)」
って感じで素直かつかわいらしく謝るので、こちらとしても怒りづらい……(特に主人)。
本当に、長女はナチュラルにごまかすので、
「宿題やった?」→「うん♪」→実はやってない
のパターンには、何度も騙されました。
長男の場合だと、
「宿題やった?」→「うん(目が泳ぐ)」→すぐバレる
なんですよね……。

というわけで、我が家では圧倒的にウソのうまさは女児に軍配が。
ですが、大きくなると、どちらも巧みになってくるので大変です!
場合によっては騙されてあげることも必要かなと思うこともあり、親として試される日々ですね……。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事