小3長女の「詩」が市の文詩集に選ばれた! でも、本人は嬉しくなさそう!?その理由は・・・。

f:id:for-mom:20190222095450j:plain

先日帰宅すると、長女(小3)がもじもじしながら近寄ってきました。
「ママ、あのね・・・」
と、指先をモゾモゾ動かしながら、必死に言葉を探している感じ。
長男なら見慣れたこの態度。
経験上、こういう煮え切らない態度の時は、何か悪いニュースを伝える前のことが多い!

……珍しく、長女が何かやらかしたのかな??
「何かあったの?」
聞いてみると、
「あのね。『かわさき』っていう本に、私の詩が載ることになったの」
とのこと。

『かわさき』とは、川崎の小学校から選ばれた詩や作文などが集められた冊子のこと。
私も昔、川崎市内で小学生をやっていたので「かわさき」については知っています。
ということは、長女の詩が選ばれたってことではないですか!
何気に快挙じゃない?
……めっちゃうれしい!!
「え! すごいじゃん。おめでとう!!」
「うん、うれしかったよ」
そう答える割には、少し沈んだ表情。
喜ぶ私とのギャップがすごい。

ちょっと疑問に思いつつ、
「何について書いたの?」
と聞くと、
「……言っても怒らない?」
と質問で返される始末。
(なんだろ。昔やったいたずらとか、隠してた悪事について書いたとか??)
「別に、怒らないよ」
「……あのね。ママに前髪を切られたことを書いたの」
「前髪?」
「前に、切るの失敗したでしょ。だからそれが嫌だったってことを詩にしたの」
まえがみ? なんだっけ??

……あ、思い出した。
今、長女は前髪をかなり伸ばして左右に分けたスタイルをしています。

 

 

そう。
それは春先に私がカットした時に、
『絶対に眉毛より上にしないで』
と言われたのに、ちょっと切りすぎて、眉毛と同じぐらいか若干上になってしまい。
仕上がりに激怒した長女に、
「ママにはもう絶対前髪切ってもらわない!!」
と宣言されたため。
半年以上たつので、ちょっと忘れてかけていました。

 

「ごめんね。ママの失敗が知られちゃう」
と長女がまだ心配そうな表情だったので、
「え、全然気にしてないよ。それより詩が選ばれたなんてすごい!」
と答えると、ようやくホッとしてうれしそうな表情に。
(前髪を切り過ぎた私が悪いのに、気まで使わせてしまった……ほんとにごめんよ~)

「あのね、詩が載ってる『かわさき』を買いますかって先生に聞かれたよ」
「もちろん買うよー! パパなんて『2冊買って1冊は保存用にする!』っていうんじゃないかな」
「……1冊でいいよ(苦笑)」
「じいじとばあばにも見せようね。絶対よろこぶよ」
「うん、でもちょっと恥ずかしいかも」
「いいんだよ、がんばったんだから!」

その後。
帰宅した主人も話を聞くと、「がんばったね!」と大喜び!
もちろん詩集買うよね、と聞いたところ、
「うん、何冊買う? 5冊ぐらい?」
と、予想以上の親バカぶりを発揮。
長女に
「1冊! 何冊も注文するなんて恥ずかしすぎる!!」
と断言されていました(笑)

 

後日、朝会の時に表彰されたらしく、賞状ももらったそうで、照れながら見せてくれました。

f:id:for-mom:20190222094514j:plain

全校生徒の前で表彰されたのは彼女には初めてのことだったので、とても恥ずかしかったとのこと。
でも、照れがありながらも晴れ晴れとした少し誇らしげな表情に、母は大きな成長を感じました。

 

 

ちなみに詩のタイトルは「前がみ切られた」でした(まんまですね)。
短く切られてしまった前髪が恥ずかしくて、ピンでとめてごまかして学校に行ったという内容。

……。
えーっと、ごめん。
短い前髪もかわいくて、似合っていると思ってたし。
そこまで気にしていたなんて、本当に知らなかったよ~。
小さな乙女心に気づいていなかったことを反省しました。
「またママに前髪切ってもらえば? そしたら来年も詩が書けるんじゃない?」
と主人がふざけて言うと、
「ありえない!!」
と長女。

……ハイ、ごめんなさい。
ママは前髪、もう絶対に切らないからね。
切りたくなったら、一緒に美容院に行こうね。

www.mamahiroba.com

www.mamahiroba.comwww.mamahiroba.com

 

この記事を書いた人

◎profile

チャリダー主婦

 

小学5年生の息子と3年生の娘を持ち、化粧品の開発に携わっている兼業主婦。

2人の小学生の相手は仕事より大変・・・ですが、最近は2人ともだんだんお手伝いをしてくれるようになり、少〜し楽になって来た今日この頃です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事