f:id:for-mom:20190312135619j:plain

最近、長女(小3)が卒業式で歌う歌を家でもよく練習しています。
曲は「大切なもの (作詞・作曲 山崎朋子)」
私は知らない曲だったのですが、すっかり覚えてしまいました。
メロディも歌詞も素敵な曲です。
「ぼく」と「君」が過ごしたかけがえのない時間。
当時は気づかなかったけれど、それがいかに「大切なもの」だったか。
「ぼく」にとって「君」がいかに「大切なもの」だったか。
大人が聞いても、ジーンとしてしまいます。

 

 

こういう「ぼく」と「君」の関係が出てくる歌、大好きなんです!!
BUMP OF CHICKENの「天体観測」や、
ZONEの「secret base ~君がくれたもの~」とか。
(こちらはアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のエンディングでも使用されていて、そちらも本当に良かったです!)
子供の頃、当たり前のように一緒にいた「ぼく」と「君」が、大きくなった時にその存在の大切さを知る。
歌詞に出てくる「君」は男の子なのか、女の子なのか。
どちらにも取れる感じで、想像すると、ドキドキしてしまいます。

ちなみに長男は上記の3曲とも「君」は男の子だと思っていて、友情の歌に聞こえるようです。
長女は「君」を女の子だと思っていて、友情とちょっと淡い初恋の歌に感じるよう。
私は……う~ん。
どっちもアリ!!
子供の頃の友情も、淡い初恋も。
この年になるとおんなじくらい儚くて尊い、ノスタルジックな気分にさせてくれる記憶ですね。

この「大切なもの」という曲は、2部合唱になっているそうで、長女にとっては初の合唱曲となりました。
下パート担当らしく、メロディラインにつられないように、必死に練習しています。

 

 

それにしても、卒業ソングは本当に名曲が多いですよね。
突然ですが、私の思い出の卒業ソングをご紹介します!

|

(.+)

|

 なぜか小学校の卒業式で毎年歌っていました。
 歌詞も大人向きなんですが、冒頭の「暮れなずむ町」という表現が小学生の私には耳慣れない感じで、すごく印象に残っています。
 「求めないで 優しさなんか 臆病者の 言い訳だから」
 小学校では「優しさ」って絶対的な正義という感じで出てくるので、この歌詞も結構衝撃でした。
 思い出すと、みんなで歌ったはずなのに、頭の中では武田鉄矢さんの声で流れます(笑)
 今でもフルで歌えます! 好きです!!

|

(.+)

|

 「花の色 雲の影」という詩的な歌詞で始まるこの曲。
 卒業式のクライマックスで歌って、号泣した記憶のある曲です(笑)
 今の口語とはちょっと違う歌詞ですが、落ち着いた曲調にぴったりで、じーんとします。
 思い出を「過ぎし日の窓に残して 巣立ちゆく 今日の別れ」という歌詞がとても好きです。

|

(.+)

|

 「悲しいときもうれしい時も 旅を続けて行く限り 僕らは友達」
 という歌詞が、余計に別れを意識させ、当時とてもさみしさを感じさせられました。
 振り返ってみると、卒業式以来会ってない友人って、結構いますよね……。
 

|

(.+)

|

 NHKみんなのうたでもおなじみのこの曲は、知っている方も多いのでは?
 卒業シーズンになると毎年放送されていて、自分が卒業する年でもないのに、思いっきり感情移入してしまって、コタツに潜って泣いた記憶があります(笑)

|

(.+)

|

 在校生側に歌われることも多い名曲です。
 「みんなはひとりのために ひとりはみんなのために」
 易しい言葉で紡がれていますが、実践するのは難しい。
大人になっても忘れたくない歌詞ですね。

|

(.+)

|

 これは、先生方が卒業生を送り出すときに歌ってくれた歌です。
 「まだ知らぬ 未来求め 若い翼は 大空仰ぐ」
 何があるかは分からないけど、その若さと力を信じて、未来に向かって進んでほしい。
 こんなメッセージが込められていて、今だと私が子どもたち向けて歌いたくなりました。

|

(.+)

|

 永遠の定番だと思いますが、歌詞がちょっと難解で、最近は歌われる機会が減っているそうです。
 音楽のテストで、歌詞の穴埋めと意味を答える問題が出た記憶があります。
「思えばいととし この年月」を、初めて聞いたとき、「思えば愛おし」だと勘違いしてしまいました。
「いと疾し」で、すっごく速いってことなんですよね。
 年を重ねるにつれて、年月の流れるのが早く感じる今日この頃。
 古き良き日本語って感じで、とても好きな歌です。

 

以上、私の記憶から思い起こした卒業ソングをご紹介しました。
みなさまの思い出の歌は、どんな曲ですか??
春は、出会いと別れの季節ですね。
子供たちにも、素敵な曲と一緒に、素敵な思い出が残るといいなと思います。

  

www.mamahiroba.comwww.mamahiroba.comwww.mamahiroba.com

 

この記事を書いた人

◎profile

チャリダー主婦

 

小学5年生の息子と3年生の娘を持ち、化粧品の開発に携わっている兼業主婦。

2人の小学生の相手は仕事より大変・・・ですが、最近は2人ともだんだんお手伝いをしてくれるようになり、少〜し楽になって来た今日この頃です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事