イヤイヤ期の時に効果がありました!着たくない!行きたくない!食べたくない!と言われた時はコレ!

f:id:for-mom:20180417120248j:plain

イヤイヤ期。大変ですよね~。

朝なんて・・・もう本当に、修羅場。

何時間あっても遅刻寸前・・・なんてことたくさんありました。

早くしてよ。なんで・・・怒りを通り越して、涙がでてくる。。

そんな日もありました。

 

そんな時にやったこと。意外と効果があったので、ぜひぜひ試してほしい。

(あるあるで、みんな知っていたらごめんなさい。)

 

それは、一人芝居。

しかも真剣な・・笑

 

具体的には、

 

1:服を着たくない場合。

服を着たくないといって大暴れ・・ギャン泣き中、

服に話しかけます。(服にお花がついていた場合:服をお花ちゃんと命名)

「えっ!!!そうなの!!娘ちゃん、着てくれないの???(めっちゃ驚くふり)」

「(服に耳をあてて)うん。。うん。。そう。。 お花ちゃんのこと嫌いかもって??」

「そんなことないよ。娘ちゃん好きだよ。色もかわいいし。お花ちゃんのこと好きだと思うよ。(服と見つめあう)」

「えっ??だったら着てくれるって??」

「うーん。(ちらりと娘をみる)」

「娘ちゃんすごーく優しいから、ママから聞いてみようか??」

 

ここで、娘に話しかける。

「ねぇ。娘ちゃん。お花ちゃんがさー。私のこと好きじゃないの?だから着てくれないの??って聞いてるよー。娘ちゃんはどうなの??」

 

娘「・・・。しゅき。」

 

(またも服に話しかける)

「ほら~。娘ちゃん、好きだって!!ん?嬉しい??うんうん。ん??

今日は娘ちゃんに着て保育園に連れて行ってほしい!!??

娘ちゃんはやさしいから、着ていくって言うと思うけど・・・。

ダメって言ったら我慢できる?えっ?寂しくて我慢できない??

ん~それじゃ。。娘ちゃんに聞けないよ~。

ん?だったら我慢する??お花ちゃんはいい子だね~。

もしイヤって言われたら、ママと一緒に会社に行く??ん?

えー。娘ちゃんと保育園がいいの~??わかった聞いてみるね。」

 

(娘に話しかける)

「娘ちゃん。お花ちゃんが、今日は娘ちゃんと保育園に行きたいんだってどうする??イヤだったら、ママの会社に連れて行こうと・・・

(聞こえるくらいの小声で)えっ??ママとはいかない??娘ちゃんと行きたい??それは娘ちゃんがいいって言わないとだから。ママでもいいでしょ?ダメ?娘ちゃんが好きだから??(話していたのは娘には聞こえてない体で)お花ちゃん、ママと一緒にいっても大丈夫だしーどうする??」

 

と聞くと大体は着てくれます。

ギャン泣き中に、服と会話していると、だんだん泣くのもやめてくれ、服とママの話すことをじーっと聞いてくれ、意外とすんなり服を着てくれます。

着たあとは、

「(お腹に耳をあてて)え??うん。。うん。(顔を上げて)娘ちゃんに 娘ちゃん!お花ちゃんが、娘ちゃんと一緒に保育園に行けてすごくうれしいって!大好きだって!ありがとうだって!」

というと、えへへへという感じですんなりいきます。

 

同じ服ばかりがいいとなった場合は。。

違う服に話しかけます。

「えっ??この間はお花ちゃんがいったから今度は私が一緒に行きたいって!?私だって娘ちゃんが好き!!今日は連れて行ってほしい??えー。ちょっと聞いてみないとわからないし・・娘ちゃんは一番お花ちゃんがすきみたいよ~。えっ??私のほうが娘ちゃんが好き?聞いてみてほしい。うん。うん。わかった聞くだけだよ~。」

 

ココで聞いて、娘がOKだった場合

「よかったね~。今日連れて行ってくれるって。娘ちゃんと一緒に保育園行けて嬉しいの~。そうだね~。」

 

娘がNGだった場合。

「ごめんねー。今日はやっぱりお花ちゃんがいいって。えっ??明日は着てくれるか聞いてほしい?うん。。うん。。わかった。聞いてみるね。」

というと、たいだいは、明日は着ると言ってくれ、次の日は約束したって楽しみにしていたよ~と順番に着る感じになります。

 

2:おでかけしたくない。靴を履きたくない。

まぁ。同じ感じなんですが。靴に話しかけます。

「えっ!!お出かけしたい??ダメダメ。

娘ちゃんがイヤだっていってるから連れていけません。

えっ??どうしても??ダメダメ。娘ちゃんが履いてくれないと連れていけないもん。

えっ?この間一緒に娘ちゃんとお出かけしたの楽しかった??

ん~困ったな~。どうしようかな~。えっ?1回聞いてみてって??

えー。だってイヤっていってるもの。たぶんダメだよ。えっ?大丈夫?だって娘ちゃんが大好きだもん。ん~でも。イヤってことは違うんじゃない~?」

娘に話しかけます。

「どうする~?娘ちゃんとおでかけしたいんだって。でもイヤだもんねー。一緒に行きたくないんだもんねー。」

ここで返事がない場合は、

「やっぱり、ダメだわー。いいよって言ってくれないもん。」と靴に話しかけて

しばらく靴と会話するのですが、続けると。

「いいよ。」と靴もすんなり履いてくれ、

そこでまた、靴に話しかけ

「よかったね。大好きな娘ちゃんとおでかけできて。嬉しい???」

そして娘に話しかけます。

「娘ちゃん、すごい、よろこんでくれてるよー。娘ちゃんがいいよって言って履いてくれたからだね~。」

と話します。

 

3:お野菜を食べないとき。

娘のお腹に耳をあてて会話。

「えっ??なになに??最近お野菜を食べていない!!お野菜食べたいのにお腹にはいってこないって??」

娘の顔を見て

「最近食べてないから食べてほしいっていってるけどどうする??大変。みんな食べたいのに・・・食べてないんだって!!」

食べないときはまたお腹に耳をあて

「ダメみたい。食べないって。えっ??ちょっとだけ??ちょっと待って聞いてみる。」

 

「娘ちゃん。ちょっとだけでいいからって。。ちょっとだけ食べてみて。1回でいいと思うから。」

 

ほんのちょっと食べる。

 

「どう??今食べたよ??おいしかった??そう。よかった。もう大丈夫だよね??えぇ!!!1人しか食べていない???ずるい??みんな食べたい??今、1回だけって娘ちゃんに話ちゃったよ。食べてない子がいる??えー??じゃあもう1回聞いてみるね。」

 

「娘ちゃん・・どうする??」

 

ちょっと食べる。

 

を繰り返していきました。

 

まとめ

いかがでしたか??

時間がかかるときももちろんあるのですが、

自分が納得して行動するせいか意外とすんなりいきました。

あの手この手で乗り越えないといけないイヤイヤ期。

成長の過程だとわかっていても、気持ちがついていかないときもありますよね。

そんな時は、迫真の演技を見せてあげてください。笑

あの時は、いろいろ試して、試して、試して・・・とても大変で精いっぱいな時もあったけど、もうそんな日は来ないんだな~と思うとちょっとさみしいな~と思います。

 

for-mom.hatenablog.com

 

 

for-mom.hatenablog.com

 

 

for-mom.hatenablog.com

 

 

 

この記事を書いた人

◎profile

エイターママ

小学2年生(娘)の母。両家の祖父母が遠方なため、典型的な核家族

待機児童問題でメディアに取り上げられることが少なくなっている小1の壁が山脈のように続き2年生でも乗り切れるか心配。

壁は越えることができなかったけど周りに助けてもらいながらなんとか、山脈を登っている途中。2年になっても登りきれませんでした・・・。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事