九九を逆から言える?3×5と5×3の違いはわかる?休校中に九九をマスターしよう!

小学校2年生から九九が始まりますね。

小学校では九九の暗唱テストがあります。

1×1=1

1×2=2

1×3=3

9×8=72

9×9=81

という順番で皆さんは勉強していくと思います。




ただ、小学校ではそれにプラスして逆からの暗唱のテストがあります。

最初は1の段から逆に暗唱していきます。

1×9=9

1×8=8

1×7=7

その後ランダムな質問に対しても間違わなければクリア

そして2の段がを覚えていくという順番で9の段まで終了したら

最終的には
1×1=1から9×9=81まで言ったあとに

9×9=81

9×9=72

1×2=2

1×1=1

という形で最後まで

そしてすべての段をランダムに言うという順番で覚えていきます。

この練習をしている方はなかなかいないので逆から始める九九で苦戦する子が多いようです。

九九の覚え方としては

まずは音 目で覚えることから始める

◎聞き流しから

◎パプリカの替え歌もありました





◎これは見ながら覚えていくタイプ

1の段・2の段と別れているタイプの動画と1の段から9の段まで一通りあるパターンがありました

◎1の段のみ

◎1の段から9の段まで

表を見ながら覚える

学習プリント.comのサイトでは
「九九表(答えあり) 読み方あり」・「九九表(答えあり) 読み方なし」・「九九表(答えなし) 読み方あり」・「九九表(答えなし) 読み方なし」のタイプがあります。
最初は「九九表(答えあり) 読み方あり」がおすすめです!

1の段から順番に

1×1~1×9
1×9~1×1
を言えるようになったらランダムで問題を出していき答えられるようになったら次の段へ

最後は9の段から逆に

すべての段を1つずつクリアしたところで最終的に
9×1~1×1までを暗唱
その後すべての段をランダムに答えられると完璧です!

4×7と7×4は暗唱でつまずきやすいと言われているので念入りに!




かけ算の文章問題もつまづくことが多い

九九の暗唱を言えるようになっても小学校のテストでつまづくのが九九の文章問題。
5×3 も 3×5も同じ答えになりますが、文章問題ではこの部分が要注意!

「1あたりの数(1つ分の数)」×「いくつ分」=「ぜんぶの数」

この考えが必要になってきます。

問題
5人にたい焼きを3こずつ配ります。たい焼きは全部で何こ必要ですか?

これを5×3としては回答としては×になってしまいます。

「1あたりの数(1つ分の数)」×「いくつ分」=「ぜんぶの数」を考えると

1人に配る数3こを5人分配るので

3×5=15が正解となるのです。

大人でもうまく説明ができない部分ですよね!

九九は文章問題を解く練習をしておくといいかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事