「ダメ」をどう伝えてる?4歳息子に試して効果があったこと

こんにちは。トラのママです。

子育てをしていると、「これはやっちゃダメよ」を教えなければいけない場面に遭遇しますね。
遭遇というか、毎日ダメダメ言ってませんか?

お食事中にウ〇チの話をしちゃダメ
マンション住まいの我が家は夜にジャンプや壁をたたいたりしちゃダメ
テレビ観過ぎちゃダメ
道路に飛び出しちゃダメ
キッチンに入っちゃダメ
知らない人について行っちゃダメ...
ダメは果てしなく続きます。



でも、「ダメ」と言ってピタリとやめるはずもなく、
子どもにどう伝えたら「やっちゃダメ」がヒットするのか?
について真剣に向き合ってみたことを、全国のパパママさんと共有できたらと思います。

怖い顔と声でダメと言ってみる。
でもそれだと息子は何か行動しようとする前に「これはいいの?」「これやったら怒られる?」と確認しないと行動できない子にならないだろうか?

危ないと何度も教えてみる。
でもそればかり言っていると世の中なんでも危ないと思わないかな?
というか、危ないって何が?どこが?って思うよなぁ私なら。
(実際「危ないよ」では全く響いていない様子。)

逆に、絶対にしないように気をつけていることは、
「やめなさい。(誰かに)怒られるよ。」と子どもに言うことです。
なんだかとても無責任な気がしてしまうのです。
ママは怒らないけど誰かに怒られちゃうよ、と聞こえるし、
子どもが「怒られなければ、見つからなければいいの?」という考えになってしまうのも心配。



いろいろ考えた結果、4歳息子に「やっちゃダメ」を伝える時に私は次の3つの事をやるようにしています。

1.具体的に4歳ボーイがわかりやすい例えでやったらどうなるのか教えて、「だからやらないよ。」という結果に納得させる。

※かなり盛った話、なんなら作り話もありです。
「家の中でドシンドシンしたらどうなるか知ってる?急に大きい音がするから下に住んでいる人がトラが恐竜になったと思って怖いんだよ!寝ている赤ちゃんも起きて泣いちゃうんだよ~。」
「テレビばっかりず~っと観てるとね、目も頭も痛くなってきて、かっこいいレゴが作れなくなっちゃうんだよ~、怖いんだよ~。」

2.身振り手振り、または顔芸で伝えるのはかなり効果的。

情緒豊かに表現しながら「道路に飛び出すとね、見て見て、こんなふうに車にドーンってぶつかって死んじゃうんだよ。死んじゃうって知ってる?もうずっと起きられなくなってパパにもママにも会えなくなっちゃうんだよ。そんなの嫌だな。悲しいよぅ。」→もはやひとり演劇です。

3.時々自分がわざとダメな行動をしようとして子どもに怒られてみる。そして「どうしてやっちゃダメなの?」と聞いてみる。

「今日さ、優しいお姉さんが『ママに頼まれてお迎え来たよ。ママが待ってるから一緒に行こう』って保育園に迎えに来たらどうする?」
「ダメで~す。パパとママに会えなくなっちゃうよ。」と息子なりに考えます。

「ちょっとキッチンでボール遊びしよう♪」
「ダーメッ!あっちっちぃだよ!」

これをやったら何か良くない結果になるということが伝われば息子は理解できるようで、
理解したら納得し、今度は誰かに教えてあげたくなるようです。
トラはぬいぐるみ相手に、「ダメだよ、車ドーンするからね。ここで待っててね。」などと言って遊んでいます。
「そっちへ行ったら危ないよ。」
「お利口さんにしてて。」
などはつい言ってしまいがちですが、私の経験上、抽象的な「やっちゃダメ」は、子どもの耳をただスーッと抜けていくだけのようです。

「やっちゃダメ」を全力で伝えるおかげで、私の想像力が少しアップしたかも??(笑)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事