アルプス一万尺にでてくる『しょうへい』って誰!!ピアノの練習中に泣きながら質問してきた娘。答えは・・。

年長さんのころの話。

アルプス一万尺を練習中の娘。

キッチンにいた私。

しばらくするとグスグス泣いている・・・。

どうしたの~?と声を掛けると

『歌えない。』

 

ピアノを弾きながら歌を歌うって難しいですよね。

まぁわからなくもないな~と思いながら。。

『どこかわからないとこあるの??』

『人が・・・人がたくさん出てきて意味わかんない。 』

ん??

アルプス一万尺で人??

『人なんていた??』

『アルペンとしょうへいが・・(ぐすぐす)』

『(アルプスはわからなくもないけど・・)しょうへい??誰?』

全然意味がわからなくて・・・娘の傍にいくと。。

泣きながらコレと指を挿して・・・

『どうしてこんなに人がでてくるのー。わーん』

f:id:for-mom:20180423114212j:plain

 

人じゃねーし!!笑

ちょっと笑った私に対し、

『どうして笑うの!!!笑わないで!!』

娘はいたって真剣で、弾きながら歌えないことに悔しさにじませています。

えーっと。

まず、ちょっと前からみてごらん。

『おどりま』って書いてあるでしょ?

そこから読んでみて。

『おどりましょう』

そうそう。おどりましょうだよね。

ヘイは掛け声みたいな感じで・・・

一緒に、歌ってみました。

歌だけだとちゃんと歌えるし、わかっていました。 笑

その後は納得した様子で、練習していましたが・・・

まさか『しょうへい』さんがでてくるとは・・・。

今回『しょうへい』さんを理由に、上手く歌えない、弾けないと話したかったんだと思いますが・・・子どもの見方って面白いな~と感じました。

なるほど・・・しょうへいね~。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事