「4歳の壁」?「天使の4歳」??結局のところ、全部かわいい息子の発言

大脳の発達にともなって認知能力が大幅に向上するといわれる4歳。
他人の気持ちが理解できてきたり、自分でできることが増えてきて急におにいちゃんになった感じがします。
けれど、まだ4歳。急に完全に成長するはずもなく、少しずつ進む自分の成長に戸惑うこともあり、時には感情のコントロールが上手にできないこともあるそうです。
大人だって、常に感情のコントロールができるわけではありませんもんね。

4歳息子も例に漏れず、さっきまでご機嫌で遊んでいても急に半べそで怒り出したり、かと思ったら甘えてきたり泣いたり。毎日もぅ忙しいったらないです。
新しい言葉もどんどん覚えるので、自分の知っている語彙をいっしょうけんめい駆使して話す様子がオモシロかったり可愛かったり。そんな時プッと笑ってしまおうものならまた怒り出しかねないので、肩を震わせ耐えるんですよ、母は。



どうして保育園に行きたくないの?

新型コロナウイルスの影響で長く保育園をお休みしていた息子。
家で過ごさざるを得ない期間中に増えたおもちゃで遊んだり、YouTubeで大好きな恐竜やショベルカーの動画を見ることが楽しくなって、緊急事態宣言が解除されても、家で遊んでいる方が好きになってしまったようです。
いったん保育園へ行ってしまえば楽しく過ごすようですが、時々、保育園へ行きたくないとゴネるので、どうして?と聞くと毎回その理由をひねり出してなんとか休もうと頑張る様子がオモシロイです。

「だってさ、ん~、あのさ、ん~、….。お膝から血が出てるから保育園休んだ方がいいんだよね~。」
「今日はね、恐竜バトルステージで遊ばなくちゃいけないから保育園行けないんだぁ、ごめんね~。」
「保育園さぁ、だってさぁ、あのさぁ、えっとぉ、疲れちゃうんだよね~。」

そしてある日とうとう、半べそで怒り気味に言ったのは

「だって門のところでママにバイバイしたらトラちゃんさみしくなっちゃうんだよッ!!」

…思わず一緒に休みそうになってしまいました。

 

うしろ向いて、と言ったら…

お風呂から出ると、いつも息子はひととおり自分で頭とからだを拭いて、私が仕上げにしっかり拭くのですが、「はい、うしろ向いて」といつものように言ってもなかなか向かないので、何回目かに「もう、後ろ向いてってば!」と言うと急に泣いて怒り出しました。さっきまでご機嫌で歌っていたのに。

「わーん(泣)!だってうしろ向いたらママのお顔が見えないじゃん!!」

もうその場でキュン死しそうでした。



今日はママとお風呂入るの!

ほぼ毎日、夫は息子に「パパとお風呂入る?」と誘うのですが、たいていの場合
「ちがう、ママと!今日はママとお風呂入るんだよ。」とフラれてしまいます。

え~、さみしいなぁ。トラと入りたかったなぁ。
パパにそう言われると、ちょっとかわいそうになってくるのか、
「あしたね、パパ。あしたパパと入ってあ~げ~る~か~らっ!」

でもパパとママは知っているんだよ。
明日になればまたママと!が始まることを。
そしてパパとお風呂に入りたくない理由は、顔の洗い方がワイルドなのが嫌だということをwww

 

いつまでも寝ないときは…

夜おそくまで寝ないと、おばけが「寝ない子誰だぁ~」とコワイ声でやってきて、おばけの世界へ連れて行ってしまうという有名な絵本。
お布団に入って10時になってもまだゴソゴソしていつまでも寝ない時に、「あれ?何か聞こえなかった?寝ない子だれだぁじゃない?早く寝ないと!目を閉じてっ!」
と、おそらく多くのパパママさんが寝かしつけの時に使っているであろう手を、私もたまに使います。

「大丈夫だよ、ウルトラマンゼロがいるから。蹴っ飛ばしてくれるんだもん。」

こういう時、息子自身が連れて行かれてしまうというコワさよりも効果絶大なのは
「”ママが”連れて行かれちゃうんだよぅ。早くおめめ閉じてよぅ。」
すると、

「トラちゃん寝んねしてるんだからっ!ママ!静かにしてっ!」

と、なぜか私が怒られますが、息子はすぐに寝てしまいます。





 

怒りながら甘える

お腹が空くとわかりやすく不機嫌になる息子。
「おにぎり作ってぇ~、ママ!早く!おにぎりだよぅ!」
と、在宅勤務中、特にリモート会議中だと当然すぐには対応できないでいると、
もっと大声で叫んだり、洗濯かごを蹴っ飛ばしたり、ソファをたたいたり…
結果、私に怒られるんですが、そうするとギャーーーンと泣き始めて必ず言うのは

「早く抱っこしてよう!大好きしてほしかったの!!」

 

感情のコントロールが難しいんだろうな、とわかる場面がよく見られます。
そんな息子を見ていると、なんというか、一瞬一瞬を全力で過ごしているようで、
大きくなったなぁ、成長しているんだなぁと改めて思います。
怒るのも泣くのも全力。一生懸命考えて発した言葉一つ一つは、どれも可愛いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事