【9】義実家に行きたくない!娘の拒否反応がエグい。イラつく夫を一瞬で黙らせたことば|ママ広場マンガ

前回のお話

親戚一同が義実家へ集まりましたが、男尊女卑の考えが根強く残るため、男性は早々に宴会をはじめ、女性はそのお手伝い。「嫁」のナオミさんは言いたい放題言われた上に体を触られてもじっと我慢していましたが、再び体を触られそうになってとうとう怒りが爆発!それでも一方的に悪いと言われたのはナオミさんで、「謝りなさい!それができないのなら出て行きなさい!」と義母に言われ、我慢の限界だったナオミさんは、「二度と来ません!ミノルも熨斗をつけて返します!」と言って娘のユズキちゃんを連れて義実家を後にしました。

義実家帰省[9]娘の心から出たことばに夫が閉口






酔いつぶれて寝ていたミノルさんを置いて、ユズキちゃんとふたりで義実家を出たナオミさんは、高級旅館に泊まり、テーマパークで思い切り楽しんでから数日後に自宅に戻りました。
出迎えたのはイライラMAXのミノルさんです。
「どこに行ってたんだよ勝手に帰ってさぁ。
あの後どれだけ大変だったか・・・少しくらい我慢してくれても・・・。」

ミノルさんのことばを聞いて、また怒りが再燃してきたナオミさん
「は?あんなにバカにされて?体も触られたのに我慢しろって?」
「ユズキのこともバカにされて・・・どういう神経で私に話ししてるの?」

ミノルさんに宣言しました。
「もう二度とあなたの実家には行かない。ユズキも行かせない。」
納得いかない様子のミノルさんは、宴会での出来事があっても親戚の人たちを擁護しました。
「みんな酔っていただけだろ?ナオミが我慢すれば何も起きなかったのに・・・」

両親がそんな言い合いをしている様子を側でじっと聞いていたユズキちゃんが、たまらず割って入りました。
「信じられない、ママがあんなこと言われて我慢しろって・・・」

「キモっ!ムリ・・・最低!」

ユズキちゃんの心から飛び出したこの三言で、イライラしてナオミさんが我慢すべきだと言い通していたミノルさんが
「えっ・・・」
と白目になり一瞬で黙ってしまったのでした。

[10完]へ続きます。
ママ広場オリジナルマンガ「義実家に行きたくない!」最終話は明日更新します。おたのしみに!

----------------
※ストーリーは体験者の話を元に作成していますが、登場人物や団体名は仮名で作成しています。
※実在の人物や団体等とは関係ありません。

[脚本]ママ広場編集部 [作画]まりお

作画:まりお
息子(小3)のイケメンっぷりに心ときめいて、娘(年長)のムチムチボディに顔を埋める毎日です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事