f:id:for-mom:20180130143028j:plain

子どもたちはTVゲームが大好き。

主人も私も好きなため、我が家にはWiiUPS43DS×2、PS VITA×2、SWitchとさまざまなゲーム機が揃っております。

グラフィックもキレイ、やっていて楽しい!…ですが、TVゲームはひとりで楽しむ要素が多いのも事実。

 

 

お互いの顔を見ながらワイワイ遊ぶ楽しさは、カードゲームやボードゲームならでは!

レビューなどを読み漁り、我が家でも面白そうなボードゲームやカードゲームをいくつか購入した結果、4人(夫・長男10歳・長女8歳・私)で対戦する楽しさにどハマり!

表情を読んだり、ブラフをかけたりしながら4人でひとつのテーブルを囲み、ゲームをするというのは、やっぱり格別の楽しさなのです!

今回は、我が家でもいちばん人気、CATAN(カタン)の開拓者たち」についてお話ししたいと思います!

f:id:for-mom:20180130141717p:plain

カタンは、ドイツ生まれのボードゲーム

世界20か国以上で販売された大人気ゲームで、トーナメントなども開かれているほどです。

ゲームの内容はとてもシンプルで、集めた資源を使いながら、
●道を作り土地を開拓(最も長い道を作ると3ポイント)

●家や都市をつくる(家:1ポイント、都市:2ポイント)

●アイテムを使用する(あるアイテムを3回使用すると3ポイント)

●アイテムを集める(1ポイントのアイテムが多数存在)

などをして、ポイントを集めていきます。
資源をどのように集められるかは運の要素が強いのですが、

どうやってポイントを貯めるかは自分の戦略次第。

そして、プレイヤー同士の交渉、

例えば「資源の◯〇あげるから、●●くれない?」もOKなので、

駆け引きも面白い!

リードしているプレイヤー以外が結託して対象者から資源を奪う…なんてことも可能!つまり、運・戦略・駆け引きのバランスがとてもよく、

本当によくできたゲームなのです!!

10ポイント獲得した人が勝ちとなりますが、ポイントの中身は自由。

ひたすら自分の土地を拡大させたり、アイテムを集めたり…ポイントの集め方にも性格が表れます。

10歳以上が対象となっていますが、数がしっかり数えられる小学生ぐらいから遊べるのではないでしょうか。

その際は、大人が交渉を有利にしてあげる(子供の●●1枚と、大人の○○2枚を交換してあげるなど)で意外と接戦になると思います。

可愛いキャラもいませんし、マジックアイテムのようなものもない、

どちらかと言えば見た目は地味なゲームですが、毎回変わる展開に、知らぬ間に大人も夢中になってしまうでしょう!

スタンダード版は4人までしかできないため、我が家では拡張版も購入し、6人まで対戦できるようにしちゃいました。

今ではじぃじ・ばぁばも参加して、みんなでハマっています!

帰省するときなど、「あのゲーム持ってきてくれる?」と言われるほど。

今年のお正月にも大活躍しました。

寒い時期に、みんなでこたつを囲んでするにはぴったりのゲームです。

1回始めると、最低1時間はかかるので、じっくり楽しめますよ~。

負けた子供が号泣するのもご愛嬌?!

回数を重ねるごとに成長する、子供の戦略や駆け引き具合を見るのも楽しいです。

こちらの足元を見るような交渉を吹っかけてきて、びっくりすることもあり、そういう発見もまた面白い!

 

我が家でも、以前は夕食後などに、せっかく全員がリビングに集まっているのに各々がスマホしてたり、TVゲームしてたり、PCをいじってたり、マンガを読んでたり……とバラバラに過ごすことも多かったのですが、「今日は○○しよう!」

と、家族でいろいろなゲームを楽しむ時間が増えています。

今ではゲームが増えすぎて、片づける場所に悩むほど(私が片付け苦手なせいなんですが……)!

外で遊べない日は、家族でゲーム。

みんなで過ごす、貴重なひと時に「カタン」はおすすめです!

 

 

 この記事を書いた人

◎profile

チャリダー主婦

 

小学4年生の息子と2年生の娘を持ち、化粧品の開発に携わっている兼業主婦。

2人の小学生の相手は仕事より大変・・・ですが、最近は2人ともだんだんお手伝いをしてくれるようになり、少〜し楽になって来た今日この頃です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事