おもちゃ収納グッズの「じゃない」使い方。プレイマットが子供の水遊び・公園遊びに超便利だった!

最近はだいぶ暑くなってきて、公園に遊びに行くと水遊びをする機会も増えてきましたね。
先日ママ友から聞いた情報を試してみたら、すごく便利だったのでぜひ紹介させてください!

その情報というのは、
『オモチャ収納グッズが子どもの水遊びのときにすごく使える!!』というモノ。

部屋でブロックなど細々したもので遊ぶときにお片付けが便利なプレイマットがありますよね。
マットについた紐を引っ張るとマット自体が収納袋になるアレです。

そのプレイマットが、公園や海・川などでの水遊びのときにも大活躍するというのです。




先日、公園で水遊びをしたときにママ友に教えてもらった使い方を実際にやってみて「なるほど~!たしかに便利!」と実感。
私が感じた便利ポイントは4つ。

1.体が砂だらけにならない
水遊びの後に着替えるとき、体が濡れているので足裏などが砂だらけになりがちです。
着替えた後に、足にくっついた砂をまた洗いに行って・・・と面倒ですよね。
このマットの上で着替えれば砂がつくことなく着替えられます。

2.立ったまま着替えなくていい
マットに座って着替えられるので、立ったまま不安定な体勢で着替えなくてもいいのが子どもには助かります。

3.後片付けが楽ちん!
マットの上で着替えて、濡れた水着や服、タオルなどなど全部まとめてマットの上に置いてキュッと紐を結ぶだけでお片付け完了!
後はそのまま車に積めばOKです。
小1の息子でも一人でお片付けできました!

収納時は紐がかなり長くなります。商品にもよるかもしれませんが、我が家のプレイマットは紐を引っ張るだけでは口が開いてきてしまうので、最後に紐をちゃんと結ぶ必要がありました。

——【追記】——
紐を絞って固定ができなかったので、後日100均でコードストッパーを購入。(手芸用品の売り場にありました)

これを紐に通すだけ。
引っ張った紐を固定できるようになり、さらに使い勝手がよくなりました!!

———————

4.レジャーシート代わりにも
お着替えマットとしてはモチロン、遊んでいる時はレジャーシートとしても使えて一石二鳥!
軽いですし(計ってみたら約200gでした)、折りたためばB5ノートくらいの大きさになるので持ち運びも簡単。

我が家が購入したプレイマットの素材は厚手のエコバッグのような生地で、防水ナイロンで水洗いOKと記載がありました。
濡れたものや汚れたものを収納するのにピッタリで、洗ってもすぐに乾きます!




小5の娘はさすがに車の中でカーテンを閉めて着替えましたが、小さなお子さんであれば車や建物の陰などで大人がタオルや上着などで隠しながら(盗撮とか怖いですからね・・・)マットの上でささっと着替えられてとっても便利だと思います!
車の中で着替えさせるのって狭くてけっこう大変なので、広い場所でさっと着替えた方が着替えやすくて早く終わります。
更衣室などがない場所での水遊び後の着替えにとっても便利です!
ボールなどの遊び道具をコレに収納して持って行って、公園ではレジャーシートとして使うのも良さそう!
公園遊びの必需品になりそうな予感。

話はちょっと逸れますが・・・
このプレイマットの使い方をママ友に聞いたときに、まず思い浮かんだものがありました。
以前、100均の園芸シートがプレイマットのようにオモチャ収納に使える!というのをSNSで見たことがあります。

この園芸シートも同じように使えそうです!(こちらはダイソーで100円で売っていました)
園芸コーナーに置いてありました。(当たり前か…)

ただ、100均の園芸シートには持ち手はありますが結ぶ紐は付いていません。車にフックがあると、持ち手を引っかければ紐がなくても中身が飛び出さずに簡単に持ち帰れそうですね!

みはるママ
小5娘と小1息子の2児のアラフォーママ。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事