トイトレはおむつ卒業で完了じゃなかった!ようやく自分でおしりを拭けるようになった5歳息子の話。

我が家には保育園年長の息子がいます。
今回は、年長息子がトイレで自分でおしりを拭けるようになるまでの話を書きたいと思います。

おむつ卒業は3歳

現在5歳の息子は、3歳半でおむつを卒業しました。
3歳になったころに昼間はパンツで過ごせるようになり、3歳半になった夏の初めには夜のおねしょもなくなりパンツで寝られるように。
もうおむつを買わなくていいのか~、成長したな~と嬉しかったです。



おむつは卒業したはずが…

3歳半で夜のおねしょもなくなり、完全におむつを卒業したかにみえた息子。
しかし、おむつ卒業から数ヶ月後・・・。
秋になり朝晩の冷え込みが強くなってきた頃、突然のおねしょ再発。
2日連続でおねしょがあったため、もう使うことはないだろうと思っていたおねしょケット(防水の布でできたスカートのようなもの)を急きょ引っ張り出しました。
その後も、毎日ではないものの度々おねしょを繰り返す息子。
おねしょケットも万能ではないので履いていても布団が濡れてしまうこともあります。
仕方なく、夜だけおむつ生活に逆戻り・・・。
最初はおむつの再開を嫌がっていた息子ですが、あまりにおねしょが多いことを自分でもマズイと思ったのか、すんなり自分で履いてくれるようになりました(笑)
そこから3ヶ月ほど夜だけおむつ生活が続きました。(その間に息子は4歳に)
安心感からなのかおむつを履いているときはほとんどおねしょがなく、もう大丈夫かな!とパンツへ戻しました。

それからわずか1~2か月後。
まさかのまたまたおねしょ再発・・・。
ウソでしょ!?4歳だよ?もうすぐ年中さんだよ?
途端に心配になり、おねしょについてネットでたくさん調べました。
すると、おねしょは睡眠のリズムが関係していることや、4歳くらいまではおねしょをするのは普通、ということが分かり、生活リズムを整えることを意識しつつ今は焦らず息子のペースでおねしょ卒業できればいいな、と思えるように。
その後、数ヶ月はまた夜だけおむつ生活が続きましたが、気温が上がり温かくなってきた頃には今度こそおむつを卒業することができました。



おむつは完全に卒業!からのトイレ問題

さて。無事におむつを卒業できた息子。
ホッとしたのもつかの間、トイレ問題はまだ続きがありました・・・。
そう。次はうんちのときのおしり拭きです。
このときの息子はまだ自分でおしりを拭けませんでしたし、それが当たり前だと思っていました。
年中になって最初の保育園の懇談会で先生に聞いてみました。
「まだ自分でおしりを拭けないんですが、保育園ではいつ頃から自分で拭くようにしていますか?そろそろ家でも練習しておいた方がいいですか?」
先生の回答はだいたいこんな感じでした。
「保育園では年中の途中から拭き方などを教えて徐々に自分でやるようにしています。最初はもちろん先生がチェックします。年長になったら自分で拭くようにします」
「家でも少しずつ自分でやってみるといいですね」

息子は小さい頃からめちゃくちゃ快便な子でした。
朝晩だいたい1回ずつは出ます。
拭く練習をするチャンスはたくさんありました。
でも。本人にやる気が全くありませんでした。
こうやって拭くんだよ、と教えても「でも○○くんできない。ママがやって~!お願い。年長さんになったら自分でやるから」と言われ続けて1年が経過。

年長になってから「もう年長さんだし自分で拭くんだよね?」の問いには「ん~。でも、やっぱりまだママがやって~。1年生になったらちゃんと自分でやるから!」と先送りに。
でも。保育園ではちゃんと自分で拭いているのを先生から聞いていました。
保育園ではやるけど、家では甘えているのか自分でやらない息子。
まだ甘えさせていてもいいのかも…という気持ちもありましたが、年長も半分が過ぎようとしていて小学校入学が近づきそろそろ自分でやってほしい気持ちが大きくなってきました。
トイレからの息子の「ママ~!うんち出た~!」の呼びかけに、たまにごはんの支度中や食事中ですぐに行けないときもあり「ママ今○○してるから行けない~!自分で拭いて~!」と言っても頑なに拒否しておしりを出したままずーっと私が来るのを待っている息子。
我慢くらべのようになって結局いつも私が折れてしまい、なかなか『自分でおしりを拭く』がクリアできませんでした。



自分でおしりが拭けるようになった予想外なきっかけ

9月のある日。
いつものようにトイレから「ママ~!うんち出た~!拭いて~!」の声にふと言った私のある言葉に息子が反応。
それが
『自分でやってごらん?ママ、仕上げはやってあげるから」
です。
このとき私としては、息子のやる気を引き出したい!という意図も全くなく、至って普通のことを言っただけ。
なぜかは分かりませんが、どうやら仕上げはやってあげるからという言葉が息子には響いたよう。
すんなり「わかった!やってみる!見ててね」と自分でおしりを拭き始めた息子を見てビックリ!

この日を境に、息子のトイレからの呼びかけは「ママ~!うんち出た~!」から「ママ~!仕上げして~!」に変わりました。
最初はトイレットペーパーを大量に使っていた拭き方も、こうやって畳んで拭くんだよと教えて今ではかなり上手に拭けるようになりました。
今は私が仕上げで拭いてもだいたいキレイに拭けており、たまにちょっと付くくらいに。
突然の成長・・・!!
子どもって、何がきっかけでやる気になるか分かりませんね~。
でも、これでもう小学校に行ってもトイレは大丈夫かな!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事