【3】いつもいた右隣にいない空しさ・・。息子が一人で眠る夜。少年になる君へ|サル山家族日記

前回のお話

5歳長男のアオくんが「少年」に変わってきたと感じているサル山ハハヲさん。もしかして中間反抗期!?と感じていたところ、アオくんから一人の部屋が欲しいと言われ少し動揺しましたが、前向きに受け入れアオくんの部屋のカーテンを買いに行きました。恐竜や車など子どもらしい柄を選ぶかと思いきやネイビーの無地というとても落ち着いた色で・・またしても少し距離を感じてしまいました。そして今日はアオくんが自分の部屋で一人で寝ると・・

少年になる君へ#03




アオの部屋に彼自身が選んだシンプルなネイビーのカーテンを取り付ける。
今晩、彼は一人で寝るという。
生まれてからずっと右隣で寝てきたのに・・・。
大変だった寝かしつけや狭かった寝床は「楽しかったのだ」と気付くのでした。

【4】へ続きます

サル山ハハヲ
5歳と3歳のわんぱく兄弟に日々翻弄される30代ワーママ。
Instagram:サル山ハハヲ(@saruyamanohaha

----------
あわわ・・どうしましょう・・とても寂しいですね・・。私も一人で広々と眠りたい~!!と日々思っているのですが・・なんとも切ない気持ちになってしまいました。

[ママ広場編集部]

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事