[PR]ベビー飲料「ビーンスターク ポカリスエット」で上手にお子さんの水分調整を!

あたたかい日が続くようになり、お昼の外出で汗ばむことも増えてきましたよね。
私たち大人はさまざまな方法で水分を補給することができますが、赤ちゃんの場合は身近にいる大人から受け取る水分だけ。どのようなタイミングでどんな水分を摂るのが良いのかがとても大切になると思います。

今回はビーンスタークのさまざまな製品の中から、ベビー飲料として発売されている「ビーンスターク ポカリスエット」をお試しいただいたママの声をお届けしたいと思います!

水分と赤ちゃんのお話

赤ちゃんのからだは水分がいっぱい!
人間のからだは、体重の約60%が水分です。その水分は、生命維持や酸素・栄養分を体内に運び込み、老廃物を外に出すという重要な役割をしています。弾力のある赤ちゃんのからだは水分がさらに多く、約70%もあります。また新陳代謝が活発な赤ちゃんは、大人の約3倍(体重1kg当たり)も汗をかくと言われます。つまり、大人以上に水分補給が重要なのです。発熱や猛暑による脱水状態になりやすいのはそのためです。赤ちゃんの水分補給はこまめにしてあげましょう。

赤ちゃんの臓器はまだまだ未熟です
体内の不要物は腎臓でろ過され、おしっことして排泄に回されます。ただ、赤ちゃんの腎臓はまだ未熟なため、大人のように濃縮したおしっこは作れません。そのため、尿として出ていく水分は体重1キロあたり大人の3倍程度と言われます。つまり、大人以上にからだの水分バランスが不安定になりがちなのです。
また塩分、糖分の高い飲料は未熟な腎臓には負担が大きすぎるので注意が必要です。100%果汁などは薄めてあげることで赤ちゃんの体液の浸透圧に近づけることができます。

母乳やミルクを基本に水分補給を
赤ちゃんは、母乳やミルクから水分を吸収しており、母乳などを十分に飲んでいると水分を欲しがらないかもしれませんが、「水が飲みたい」と言えませんので、お風呂あがり、散歩の後、暑いときなどは気を付けてあげましょう。
また単に水分を与えるだけではなく、人間の体の水分に含まれるナトリウム、カリウム、クロールなどの電解質をバランスよく与えることが重要です。月齢、季節、状況によって白湯や番茶や果汁、イオン飲料などを使って、水分補給をしてあげましょう。さらに発熱や嘔吐や下痢など、病的な症状が加わって水分が急激に失われた時は、必ず専門医に相談するとともに、症状にあった水分補給の方法もあわせて確認をしておくと安心です。果汁やイオン飲料を与え過ぎて肝心のおっぱいやミルクが飲めなくならないよう気をつけることと、同時に味が濃くて浸透圧が高いものは赤ちゃんの体に負担になるので注意してください。

月齢や体の状態に合わせた飲み物選びを
母乳やミルク以外の飲み物としては、まずはお風呂あがりの白湯や番茶を基本にして、3~4ヶ月から果汁、イオン飲料をプラスしていくお母さんが多いようです。特にイオン飲料は、「汗をかいたとき」に利用されています。(ただし下痢やおう吐などの症状の赤ちゃんに与える場合は、かかりつけの医師に相談してください)
果汁やイオン飲料を与えるときは、赤ちゃん用を選ぶようにしましょう。

ビーンスターク ポカリスエットとは?

赤ちゃんのためにつくりました。
赤ちゃんの未熟な機能のことを考えて開発されたのが赤ちゃんのためのポカリスエット「ビーンスターク ポカリスエット」です。
赤ちゃんが水分を摂ったり失ったりするメカニズムは、 大人とは違う点がたくさんあります。 赤ちゃんのからだに負担をかけずに吸収される水分補給が大切です。 そのために、ビーンスターク ポカリスエットはポカリスエットとは異なり、 赤ちゃんの体液と同じ浸透圧(285mOsm)になっています。
※大人用ポカリスエットを薄めてもビーンスターク ポカリスエットにはなりません。

浸透圧(285mOsm)とは?
からだの水分のことを「体液」といいます。体液はからだのいたるところにありますが、薄い膜をはさんで、細胞の内と外は同じ圧力でつりあっていなくてはなりません。この圧力を浸透圧といい、つりあっている状態を「等張」(アイソトニック)と呼びます。赤ちゃんの体液の浸透圧は、280~290mOsmです。




そんな赤ちゃんのことを考えて作られた「ビーンスターク ポカリスエット」を20代ママと1歳の息子くんにお試しいただきました。
どんな風に「ビーンスターク ポカリスエット」を取り入れられていたのでしょうか?

ママの声1:お風呂上がりの湯冷ましにサッと溶けて簡単便利!

粉末タイプはぬるめのお白湯にもサッと溶けてダマにならず、量も味も調整しやすく使いやすい。

主にお風呂上がりの湯冷ましとして1歳のお子さんに与えていたとのこと、少しずつ味の好みがあらわれる1歳前頃からは粉末タイプで調整するのも良いですね!

粉末タイプの使用方法
湯冷まし(30~40℃)50mLに、粉末スティック1本を加えて溶かします。
※浸透圧を調整してありますので、必ず作り方を守ってください。
※イオン(電解質)のバランスがくずれますので、ミネラルウォーターやミルクで溶かすのはおやめください。

ママの声2:おやつや外出時の水分補給にも使いやすい!

賞味期限が長いのも良い。外出時でも使いやすい

ビーンスターク ポカリスエットは、ベットボトルタイプと粉末タイプの2種類。
ペットボトルタイプはそのまま持ち運べるため外出時にも便利なのはもちろん、粉末タイプはお好みの味や少量だけ、といった調整にも最適です。
お試しいただいたママの言う通り、賞味期限の長さへの視点は、我が子のいざという時のストック飲料として備えるお子さんへの思いを感じました!

こんなときに
お出かけの時に荷物が多くなりがちなお母さんには、かさばらない粉末タイプが便利です。
バッグのすみにスティック1本をしのばせておけば、いつでも気軽に水分補給の準備が可能です。

ビーンスターク ポカリスエット ペットボトルタイプ
内容量:500ml

ビーンスターク ポカリスエット 粉末タイプ
内容量:1箱:8本入り(3.1g×8)

ママの声3:味の好みがあらわれる1歳前後には飲み方にも変化が

食事と一緒に出した時は水だと思ったのか飲むたびに驚いた表情をしており、ゴクゴクではなく少しずつ飲んでいました。

ママの言う通り、お子さんの好みも成長とともに変化していきますよね。水だと思って驚いてしまったお子さんの様子を想像してとっても微笑ましく感じました!

ビーンスターク ポカリスエットの特長

●月齢3ヶ月頃から
ビーンスターク ポカリスエットは3ヶ月ごろからのご使用をおすすめしています

●赤ちゃんのためのやさしい味
ビーンスターク ポカリスエットはブドウ糖と果糖と果汁で調整した赤ちゃんのためのやさしい味です。またカロリーも17kcal/100mLに抑えています。お出かけ、お散歩や遊んだ後、お風呂上りなどで汗をかいたときに、安心してお飲みいただけます。与えすぎに注意しましょう。

●体液に近い成分組成
赤ちゃんはおしっこや汗などで水分をからだの外に出す割合が多く、そのバランスが不安定になりがちです。そんなときは、適切な水分を与えてあげることが大切ですが、単に水だけを与えるだけでは不十分な時があります。人間のからだの水分には、ナトリウム、カリウム、クロールなどのイオン(電解質)が含まれているので、水だけではなくこれらのイオンをバランスよく与えることが重要です。ビーンスターク ポカリスエットは、汗っかきな赤ちゃんから失われがちなイオンを含んだ成分組成です。

お家にいる時も外出時も。
「ビーンスターク ポカリスエット」を上手に取り入れて、お子さんの水分バランスをととのえてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事