お風呂に毎日入れるって誰が決めた!?イヤイヤ期真っ只中娘VSパパのお風呂事情

ママ広場読書のみなさん、こんにちはー!パパブロガーのかずちかです。

イヤイヤ期って何をするにもハードルって上がりますよね。

風呂もそうです。謎に無駄に嫌がる。

しかも子どもの風呂って細かく見るとタスクが多いんです。




1.入る前のご機嫌とり

2.体と髪の毛洗う

3.体拭く&保湿

4.パジャマ着せる

5.髪の毛乾かす

冬だと寒さとも戦わなくてはいけません。

子どもは言われるがままに綺麗さっぱりなっていくんだから、明らかに親のほうがめんどうですよね。

でもイヤイヤ期は理屈抜きで嫌がるんです。

いやいや、これを毎日はもう無理!!

夕食後の育児のタスクは基本私の担当なので、妻に言いました。




「今日より冬の風呂は2日に1回とする!」

●スムーズに入ってくれそうなときは入る

●汚れたり汗をかいた日は入れる

 

私の提案はこの2つの条件ありで可決されました。やったぜ。

これで夕食から寝るまでの忙しさが半減でございます。ちなみに歯磨きも大変なんですが、それはさすがに2日に1回にはできませんね。

子どもの風呂を2日に1回にしたことにより、自分の風呂もめんどくさくなりたまに入らない日も出てきました。

おかげで「お父さん臭い!」と長女から本気か冗談かわからない文句を言われたりしましたが、お父さんは毎日風呂に入ったところで臭いんだよなー。

風呂は習慣で毎日入ってましたけど、そこまでするほど汚れてない場合が多いんですよね。(私調べ)

手を抜けるところは抜いて、イヤイヤ期の負担を減らしていきたいものです。




ちなみに春と秋もだいたい冬みたいなもんなので汗をかいてなさそうなら風呂なしで大丈夫。

夏はあせもが出来たりするとまずいので、毎日入る必要性がありますが、家庭用のプールを風呂にカウントして良しとします!

でもこれだけ『風呂に入らないこと』について熱く語っていますが、いつか子どもと一緒に風呂に入らなくなることを思うと唐突に切なくなるんですよね。

やっぱり毎日風呂入ろうかな…




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事